極上な旅



ただいま〜♫
旅から帰ってきました。



ナビを頼りに自家用車で走行し、668kmの道のりを夫は安全運転で成し遂げました。お疲れ様です。



実は、子ども達が私達二人の還暦祝いとして二泊三日の大分県の別府・熊本県の阿蘇旅を用意してくれたのでした。



当たり前の毎日に飽きもせず生活に磨きを掛ける母のために。
頭から足元まで泥にまみれ強さを見せてくれる父のために。
と。

.



出会って此の方、二人っきりの旅行は未だかつてありませんでした。
二人の行く先に友人が集うことが頻繁でしたし、新婚旅行はツアーでしたから。



旅先では、二人っきりの空間を楽しみつつ太陽の光を浴びながら たくさん歩きました。



料理も美味しくお風呂も極上で、何と言っても阿蘇の広い平原に安らぎを感じました。



家族が増えて、皆がいつも居る所に安らぎがあると思っていました。
なので、お金を出してまで安らぎを得ようと思ったことがありませんでしたが、旅は良いですねー♫



そして、旅は見えていなかった自分を知ることができます。



非日常を経験して、素直に自分を認めることができました。



タガが外れることを恐れ、心のおさめどころを模索しながら生活していたんだなーと。
夫も私も頑張ってきたんだなーと。



子ども達に感謝いたします。素敵な贈り物をどうもありがとう。

.

.

下灘駅



夫の運転で夕やけこやけラインを走りました。



ここは
昭和、平成と幾度もロケ地に使われてきたJR下灘駅です。



無人の駅舎は、手入れが行き届き赤いポストや木のベンチが設置されて愛らしい雰囲気です。

.



あいにくの曇り空ですが、ロケ地になるだけあって海を背景に風情があります。

.



ホームから望む景色です。
国道378号線とJR予讃線が並び、瀬戸内の海に寄り添っています。

.

さえずり



今日は、長男家族とランドセルを買い求めに行きました。



帰りは、皆で丸源で早めの昼食を取りました。



双子は、来年小学生です。
数日前、ランドセルの色は?
と、話しかけると
「ばぁば、それどころじゃないんよ!」
と、二人して新しく始まった年長ならではのあれこれを囀るように話してくれました。



どんなアクシデントも囀りに聞こえるじぃじとばぁばです。



それらが解決したのか…忘れたのか…(笑)
陳列棚のランドセルに目を輝かせ、銘々本当に好きな物を心置きなく選ぶ様子は、
ほほえましい姿です❤



遠い昔に学校生活を経験し、その機微を忘れた大人が、
始まったばかりのあなた達の集団生活を心を込めて祝います。



幸あれ!
小鳥のように美しい歌を歌い続けて欲しいと願います。

.

.



子ども(孫)が習い事や登校を嫌がる。とか
仕事を辞めたい。とか
交通事故にあい全損になった。とか
赤い糸は何処に繋がっているの…結婚への道は遠い。とか
私の子ども達は、実に正直に話をしてくれます。



聞きながら…
私にできることは無いかしら?
と、あれこれ思いを巡らすけれど、
ただただ、私は聞くことしかできません。



確実に子ども達は独り立ちの階段を上っています。



その階段の立ち位置は、私よりも遥かに天空に近いと感じることがあります。



子どもの精神の働きは私以上に優れています。



私の偏った経験や私の小さな世界で解決を考えないほうが良いように思います。



それぞれの環境や社会が教えてくれることでしょう。



なのに…。



あの子、大丈夫かしら?
がんばり過ぎてるんじゃないかしら?
・・・
あぁー大丈夫さ!
うん、大丈夫だよね。
心配より信頼よ。
と、堂々巡りを繰り返し、心配を払拭するまで 浅はかな時間を掛けています。



不安や正論を大義名分とせず、子ども達の頑張りを見守って行きたいと思います。



それぞれのできごとを悩みだとするのなら、
その悩みを生み出しているのは自分です。



悩むことはないのです。
責めることはないのです。
不安に思うことはないのです。



そうなのね。と、
認めることで楽になることもあります。



心を幸せにすることが人生にとって何よりも大切です。

.



母の日までの一週間は、あんみつとゼリーの詰め合わせを筆頭に 実に有難い贈り物が続きました。



可愛くてキレイなカーネーションです。
水色と赤(相配色)の組み合わせは、元気を感じます。
お花は見るだけでも楽しいけれど、自分に贈ってくれたとなると なお嬉しいです。

この花はどれに挿しましょう?それとも組み合わせて生けようかなー?
花瓶をいくつか揃えてありますが、
自分で花を買ってその花瓶を活用することは、最近トンとなくなりました。



白い蝶と赤いカーネーションをあしらったロールケーキ♬
孫娘が選んでくれたそうです。
私のことを考えてくれた時間があったなんて…
私はなんと幸せ者なのでしょう。
ばぁばのことを忘れて良いから、楽しい事をいっぱい考えてね♬



孫達の庭に成ったそら豆です。
皆で皮むぎに精を出しました。
そして、
湯がいてモリモリ食べました。

.