単なる移動?うん.移動!

日々、あっという間に回転するので、身の回りの事を ほぉって置き過ぎました。家の内外ともに、荒れています。

もうすぐ祭り!起源は、平安時代 あるいは 鎌倉時代にもさかのぼる、五穀豊穣を願った新居浜太鼓台を皆さんご存知でしょうか。

宇宙と太陽の輝きをあらわした天幕と、雲をあらわしたくくり、雨をあらわした、東西南北をあらわした天上を支える四本柱、長さ10mを越す4本のかき棒・・・

その豪壮な太鼓台が、150人~200人のかき夫の腕力により秋空に舞う様は、胸も頭もしびれさせます。

「 ドン・デン・ドン・.。o0○ 」と鳴り響きその太鼓台がこの狭い農道にやって来るのです。

——-ついつい熱く語ってしまいました——-

それまでに、やって置かなければならない事があり過ぎます。

軒下に置いてある要らない物がたくさんあります。

魚介類の差し入れが入っていた大型プラスチックを数個 砕かなければならないし、この夏壊れてしまった扇風機を処分しなければならないし、壊れたプランターも~~。家の周りの草取り 等々。

なんといっても、室内は全く手をつけておりません。困ったものです。

身の回りをほって置くと、こんなにも乱雑になるものかと…………あきれるやら。感心するやら。少しは手を入れなければと思い、片づけをはじめました。

「母さん。いくら頑張っても、それは単なる移動!うん、移動よ!」

と 末娘が言うのには まいりました。母は孤独です……。

我が家の住人の行動一つ一つ監視して、追い掛け回して片付けた日々を思い出しました。

思えば何一つ住人に片付けの強要をした事がありません。

子供たちは、小学中学年からスポーツに専念し、母以上に忙しそうだったから、ついついこの件は、私が頑張り過ぎました。

「これは母の仕事!」

っと思っているのでしょうね。

折り返し分の人生もあることだし……。躾を ぼちぼちやりましょう。もう遅すぎるかな……。

世のお母様!住人に家の仕事をさせましょう。お使い、雑巾掛け、ご飯の支度、やれることは どしどし させましょう。

そうすれば、残余の人生満足のモノとなるのかも知れません。

「私を助けてくれている」という満足感がほしい母の本音です。

けなげでしょ。


単なる移動?うん.移動!」への2件のフィードバック

  1. 秋祭りの季節ですね。
    自分が住んでる地域に、何百年と引き継がれてきた、伝統のあるお祭りがあるとは
    うらやましいですね。 こちらは新興住宅地なのでさびしいです。
    山陰の田舎で育った私は、子供の頃、お祭りが近づくと笛や太鼓を練習する音が聞こえてきて
    ワクワクしたのを思い出します。
     
     

    いいね

  2. こんにちは♪
    「男祭り」と言われる程、躍動感たっぷりの祭りです。子供の頃から、首をもたげて澄みっきた空をあおぎ見て、激しく揺れる房 と 金糸銀糸で織られた、布団締め・上幕・高欄幕の龍などの刺繍を見て育ちました。
    祭り好きのおばちゃんの立場から、ブログをもう一つ・・・・・誰にも教えなぁ~い。おそらくこちらのブログは断発ブログになると思います。お許し下さい。では♪

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中