ちっちゃなお布団

ドキドキ

長女はお気に入りの毛布(モウモ)が無いと生きてゆけませんでした。

眠いとき、怖いとき、痛いとき、

いつも顔の近くに置いて、抱っこして歩き回ります。

モウモを抱いた娘は、いつも穏やかな顔をしていました。

モウモに自分の想いを訴えていたのでしょうか。

汚れがひどくなったので洗濯した時は、

「わたしのモウモ~!」と泣きながら・・・

物干し竿の下で、乾くのを待っていました。

あまりの涙に、根負けして、まだ乾いていないモウモを竿から下ろし娘に手渡しました。

寝入ってからそぉっと手元から離し、また干し直す事が、それはそれは 大変でした。

双子が生まれた頃、言葉が下手になり、変に甘えてみたり、

「だっこー」と ダダをこねたりしましたが、それは いっときでした。

「赤ちゃんの帽子はどれがいいかしら?」と尋ねたら、

母も思いつかないお散歩着をコーディネイトしてくれたり、

私の納得する見事なオムツ替えを再三してくれたり、

おっぱいを待つ もう一人のほっぺにモウモを当ててあやしてくれたり、

母にとっては、良く気のつく、愛しい可愛い娘です。

双子がよちよち歩きをする頃、駄々をこねる双子の一人に 母は手を焼いていました。

おとなしく待つ双子のもう一人に あなたはモウモを譲りました。

お下がりとなったモウモは、いつのまにか磨り減って、ツルツルテンになりました。

覚えていますか?そのモウモ。

お人形さんのちっちゃなお布団になったことを・・・

ちっちゃなお布団を思い出し、家捜ししました。あなたを愛したお人形さんに会えました。

モウモの在り処をあれこれと・・・・・朝になり 昼になり・・・・・・☆

12日夜、やっと モウモがみつかりました。

  あなたを愛したお人形たち
お人形さんのモウモ
追伸 :
あっそうそう !
残飯の中・・・?と思っていた台所洗剤が、なんと 冷蔵庫の中から出てきました。
そんな母に、ほとほと愛想が尽きては困るので、しばらく内緒にしておきましょう…☆”
☆~☆~☆~

ちっちゃなお布団」への2件のフィードバック

  1. こんばんわ!
    毎日精力的に更新されてて、感心します。
    将来の子供さん達への、この上ないすばらしいプレゼントが着々と出来上がってますね。
    お母さんの愛情あふれるブログでステキですよ。

    いいね

  2. こんばんわ♪
    ステキだなんて・・・真っ赤になりそう! そして、カキコありがとうございます。自己満足の世界なので、コメントしづらいのでしょうかね?皆さんの足跡が数字で見える割りには、お声が聞こえないのでちょぴり寂しい思いをしておりました。職場では、四角い顔をして、Blogに向かう時には、丸い顔をして日頃頑張っています。これからもよろしくお願いしますね。o0○

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中