金木犀が薫ります

 
金木犀が薫ります
部屋中薫ります
出掛けには 家一杯に薫りました
もう間もなくすれば この山の麓から海岸まで
中が 金木犀の香りに包まれるでしょう♪

ドキドキ

 
「お父さん、金木犀は、まだでしょうかね。」
「お父さん、金木犀の便りを聞きましたか?」
「今年はどうも遅いようですね。」
と 子供たちが家を出払うと、私は、毎朝のように金木犀の話をしていました。
太鼓の音が響きだすと、いよいよ あの香り・・・
「あんたには、それしか脳が無いんか?それ以上に気を付けないかん事があろう。」
と、殿のお叱りを受けました。
その一言があって、このところ金木犀に触れていませんでした。
 
すると今朝、
「おい!窓を開けて見ろ。」
と 殿が知らせてくれました。
締め切っていた窓を開けました。
カーテンがなびいたその後は・・・・・・劇的です。
金色に垂れた稲穂よりも、尚一層輝く 庭の隅の金木犀が目に入りました。
「お父さん!まぁ~ホント。いつの間に~~~。お父さん、来て!来て!」
と 部屋を行ったり来たり・・・・・
かすかに・・・そして、瞬く間に、香りが部屋に立ち込めます。
我が家は叶いませんが、金木犀は、窓辺から二人で観た方が良いように思います。
一人では、あまりの匂いに、ささやかな風の運びを逃してしまいそうです。
 
 
追伸 :
お殿さま…….意見と意思を確認し、互いに認め合う時ではないでしょうか。
老後の安心が欲しいとは思わないのですか。
「あんたは、不思議な人だ。まったく理解できんね。」
「今日は遅刻せんかったか?用も無いのに家中ぐるりと歩き回って、そんなのに付き合いきれん。」
「あんたは、100足余りの上履きを盗んだ人と同じ世界におるよ。」
「もうこれ以上、オレの時間まで盗まんといてくれ・・・」
誰の言葉だかお判りでしょうか? 已むに已まれず付記します。
 
 
. 。.。.。.。.。.。.。.。.。.。.。.。ドキドキ 。.。.。.。.。.。.。.。.。.。.。.。.
 
 
  
 
金木犀が香ります
 
金木犀の花
 
庭の隅に咲く金木犀
 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中