幼い時に見た景色

別子鉄道踏み切り前にて虹
踏み切り前にて

この線路を渡り、毎朝お豆腐を買いに走りました。

そのお店で、1円の飴をふたつ買いました。私と弟…….

この踏切の右向こうにT理容店があります。店内はとても良い匂いでした。

ふさふさとした白い毛の犬がしっぽを振って出迎えてくれました。

父の散髪がすむまで、この空間で待つことが好きでした。

この踏切の左向こうにM郵便局があります。

その手前には、線路沿いに赤い煉瓦の坂道がありました。

その坂の途中には玉垣の木々で仕切られた社宅が立ち並び、奥にはテニスコートがありました。

その坂を上りつめると、尚一層、樹木につつまれた高級な社宅街がありました。(二枚目の写真)

各庭は敷地が広く、様々な庭木が繁っていました。

その社宅の街路に、桜の木が満開に咲き誇っていた頃、

母に手を引かれ仮縫いの為、社宅街の一画を訪ねたことがあります。

女中さんが、私の足を木桶につけて丁寧に洗ってくれました。

人の気配はするのに、とてもひんやりとした静かなところでした。

母を待つ玄関先での時間は、とても長く感じられました。

星越山田社宅(昭和20年の頃)
—-とても懐かしく想い新居浜のふるさと写真集の一枚をだまって載せます。いいのかな?許してください。—-
はいそな社宅

この写真は、星越の選鉱場から撮っているようです。

この小高い山の下にはトンネルがあり、抗夫が乗ったかご電車と鉱石を搬出する電車が通っていました。

その電車はそこから右へ数百m進むと一枚目の写真の踏み切りを通り、新居浜中の各駅を回り 走っていました。

どこに行っても目に付くその線路の最果ては「端出場に通じる」と聞かされ、

「別子銅山の入坑口はどんなに活気があふれ、たくましい人達の集まりなのだろう」

と 子供心に思っていました。

昭和47年の銅山閉山まで、少しづつ不安がよぎりました。

「ある坑道が閉鎖される」と 子供の耳にも入るようになった頃、

また一本、また一本と線路が不通になり、駅も無くなり………..

私の家族は、この写真の景色から少し遠い町に引越しました。

今でも市内各地に線路跡の名残があります。塞がれた線路下には、黄土色の水が流れているそうです。

活気あるものが…..断固として揺ぎ無いものが…..目の前で変わっていきました。

子供心に切ない思いを覚えています。

現在の新居浜太鼓祭りを見ていただいたでしょうか、新居浜は力強く生きていますよ!

「財力」・「腕力」県下どちらの市にも負けませんよ~!

私は、新居浜が大好きです。ドキドキ

端出場坑道から鉱石を搬出する電車
——-昭和32年の頃、閉山を予想しなかった活気あふれる坑道前にて——-
端出場坑道の鉱石を搬出する電車
 ラブラブ