亀の化身に違いない!

プレゼント

子育て真っ最中の頃、暇を見つけては泉寿亭跡の市立別子銅山記念図書館へ、親子で出掛けていました。
ドーム型の屋根が特徴的な図書館で、ドームの周辺の窓添いに閲覧コーナーがあり庭を眺めながら読書が出来ます。
その庭は、大手企業の迎賓館として栄えていた泉寿亭の名残り奥ゆかしい庭園です。
子供達は、その庭園に囲まれた窓越しで、紙芝居や童話に夢中になりました。
読書に耽って感情移入している最中、「かあさん、シッコ~!」ということが再々なので・・・。
私は、出来るだけさらっと目を通せるものをあえて選んで随筆か写真集を頻繁に借りていました。
「ふるさとの思い出写真集・新居浜」は、懐かしい想いにふけりながら、目を通した本のひとつです。
以前にも、『幼い時に見た景色』で、この中の写真を紹介しましたが、もうひとつ 私の勝手な思い出の 懐かしい写真があります。

上 : 昭和13年頃の新居浜-西条線海岸道路 『 仏 崎 (ほとけざき) 』

のどかでしょう~♪

現在の新居浜-西条線海岸道路 『 仏 崎 』

今では 海岸沿いが埋め立てられて、大手の工場が立ち並んでいます。
御代島(みよしま)が陸続きとなり、広い工業地となりました。
中央分離帯に立ち写真を撮りましたが、向かって来る車・後方から来る車がドンドン迫ってきて怖かった~。°・(>_<)・°。

私が懐かしく思う頃は昭和40年代なので、一枚目の写真より30年も後のことですが、私の記憶の景色は この写真となんら変わりが無いように思われます。
ただ 弟が喘息の発作を起こし頻繁に入院したり、この仏崎海水浴場の閉鎖を目の当たりにしましたから、自然の汚染は進んでいたのでしょうか。
そういった公害事情が表立っていましたが、その当時の仏崎は まだまだ静かでした。
自家用車で松山方面へ行く時は、この新居浜-西条線海岸道路を通っていました。 (動物園、松山城、道後温泉、飛行場 etc…..)
車の窓から眺める仏崎周辺はとても美しく、視界を次々遮る松の木と、青い海は絶景でした。
「さあ~、お出掛けよ。楽しいことが待っている。」
と母の一声が、私の心を弾ませてますます美しいものにしていたのかもしれません。
ただその道を通る度、たった一つ気掛かりなことがありました。それは、ペチャンコになった亀が路面に放置されていることでした。

では、私の幼い頃の話をひとついたしましょう。

バラ LOVE プレゼント バラ LOVE プレゼント バラ LOVE

私は6歳になったばかりの頃、竹の物干し竿を半日(往復6km)持ち歩いたことがあります。
行楽を予定していた前日、仏崎に幽霊が出たと聞き、しばらく考えた私は、
「そうだ!幽霊ばなしは・・・亀の化身に違いない。」と、奮起したのでした。
私は、籠に詰まった洗濯物を横目に 物干し竿を引きずり 西へ西へ・・・
持ち出したものの あまりに厄介なので道中置き去りにする事も考えましたが、やはり母が困ると思い 持ち帰ったのでした。
何故、物干し竿を持って歩いたのか不思議でしょ。何を考えていたのでしょうかね?
思い出す限りでは、厄介なものを持ち歩きながらも 決して後悔していませんでしたから、何か理由があるはずです。
亀の墓標にしては長すぎるし、海に返すための道具なら竿だけでは無理のようだし、
その日は、弟が水疱瘡と診断された翌日のことで、弟にばかり手を焼く母を数時間困らそうと思っていたのでしょうか?
それは、ヤキモチ!
私が水疱瘡に罹ったのは、そのまた翌日のことでした。

皆さん!
この道を通ることがございましたら、竹竿を引きずる何とも風変わりな女の子がいたことを思い出してくださいね。

バラ ・・・LOVE ・・・プレゼント

あ~ぁ 太ってしもた!

あ~あ ますます太ったwa!
旅先の食事が見ても楽しく、食してもおいしく、「苦し~いぃー!」とつぶやきながら 完食!
まんまるとしたお腹をさすっていると
「あんたのは、苦し~いじゃなく、苦し~いじゃわい」
と 夫に言われながらも 出てくる食事 みーんなやっつけてしまったwai!
あ~あ どうしましょ。
ここ数日、休憩時間も 食事の後も お土産三昧!
みんなと一緒に パクパク paku paku
あ~あ ますます太ったwa!
今夜は フィットネスはりきっちゃいましょう!
にわかに頑張っても こりゃぁ~ダメだなー
あ~あ どうしましょ。
あ~ぁ 太ってしもた!
まっ お口汚しにもう一つ!コーヒーと共に……食して かぁ~えろ!

バラ    LOVE     プレゼント

旅先で笑顔に出会う

二十年ぶりに早朝のバスに乗った。ある団体の夫婦山陰旅行に参加した。
  瀬戸大橋から眺める小島と漁船。
颯爽とそびえ立つ蒜山。
霧の掛かった宍道湖。
大社造の立ち並ぶ民家。
  傘をかぶった寒牡丹。
紅く映える樹木。
厳粛な出雲大社。
白無垢、綿帽子の花嫁。
あいにくの曇り空だったが、先々で のどかな景色 そして、人の姿が 私の眼に新鮮に飛び込んできた。
バスは、夫に勧められるがまま、もっとも後方に座った。
休憩が終わるたび、バスガイドさんが手をしなりしなりさせながら、後方まで点呼に来る。ターンして立ち位置に戻るのだが、お尻をフリフリ色っぽい!
その様を 夫は苦虫潰した顔で眺めていた。隣の旦那さまは、笑顔で両手をひらひらさせてお出迎えをしていた。
かわいいじゃないの~
時折奥様に何処かツネられているのだろうか、小さなうめき声が聞こえた。
お気の毒に・・・
点呼の際、私も隣の旦那さまと一緒に 手をきらきらさせてバスガイドさんを出迎えることにした。
すると・・・
「ハン!所詮、質が違うわい。あんたのは、幼児とお遊戯じゃの!」
と 夫に言われてしまった。
何じゃ ふん!
出雲大社では、人とのご縁を願い、金銭のご縁を願い、特に垣内参拝に熱が入った。
お陰で旅先で暖かく舞い込んできたのは、出会う人々の笑顔だった。
お土産などで ガッポガッポと支出は多かったが、金銭のごりやくは、帰ってからのお楽しみなのだろう。
白打ち掛けの花嫁に会った。お顔を覘くと、笑みがフツフツと湧いてくるような花嫁だった。(*^_^*)
情緒漂う純和風の宿に着いた。
部屋に入り早々と金品を金庫に閉まった為、仲居へチップを差し上げる事が出来ず、夫のご機嫌を悪くしてしまった。
宿に泊まること経験豊富な夫にとっては、私の行動が理解出来ないらしく、何度も「ハン」の声を耳にした。
まぁ~ご愛嬌!ご愛嬌!
その宿 白○家では、日本海の新鮮な魚介類を中心に盛り沢山の料理が楽しめた。
ちょっと気になるのは、小粒のしじみ・・・ しじみ生産の需要と供給が伴っていないのだろうか?もう少し大きいものを眼にしたかった。
若女将自ら「銭太鼓」の芸を披露して下さったが、とにかく関心なのは、若女将の笑顔・え・が・お☆
苦労を超越しているのだろうか 太陽のような笑顔に 心暖まった。
夜の宴会は、その日 初顔合わせの面々なのにコトの他盛り上がった。夫たちは柳の木に誘われて、浴衣のまま何処かに消えた。
私はラウンジの隅の部屋で、フットエステ(30分コース・・・足裏・ふくらはぎ3,150-)を心地好く経験した。
マッサージ師の訪問コースがあったが、あれこれ考えて思いとどまった。
「マッサージを頼めば良かったワー」と朝、目覚めた時 後悔した。
檜造りの風呂と黒御影石の風呂が 朝・夜 交代で楽しめて、それぞれに露天岩風呂とサウナがあり、宿泊中三度もしっとり癒された。
二日目のバスの中で、改まって自己紹介となった。
「よぉ~に酔っ払ってしもて 朝目覚めて 隣に嫁がおってびっくりしました。」
と言う 旦那さまがいらして
「ほぉなん!ココに来てまで、世にそんな旦那がおるとは・・・そりゃケシカラン!」
と 今まで標準語だったバスガイドさんが、覚えたばかりの新居浜弁で笑いをとった。
私は単純なもので 「どこも同じね!」と思うと バスガイドさんの憤慨振りに 満面の笑みとなった。
今回の旅、家事の手を止めて眼で楽しみ、口で楽しみ、足で楽しんだ。帰宅して想う。どうやら別世界に迷い込んでいたようだ。
「企画して下さった方のおかげで、子供達のおかげで、夫のおかげで・・・」
と 今夜は静かに旅のことを思い出している。
それにしても若女将の心ほぐれて満ち魅ちていく笑顔は、太陽の如く 天下一品であった。
あやからなきゃー
お色気たっぷりのバスガイドさんの魅惑の笑顔。 バスに同乗した快活な皆様の笑顔。この旅は、様々な笑顔と会話に顔がほころびっ放しだった。

バラ

LOVE

プレゼント

ただいま~♪

早朝バスに乗り、一泊二日の山陰温泉旅行に行ってきました。
夫婦で行く旅行は、新婚旅行以来です。消防団の永年勤続研修旅行なので友も来ています。
こういう機会でもなければ なかなか思い付くものではありません。
予定していたご夫婦が急にご都合が悪くなり、急遽 話が舞い込みました。
数年前からお誘いがありましたが、
「子供たちを残しては、まだまだ心配で・・・」
とお断りしておりました。
そのように先送りしていた夫婦が分団に数組いたらしく、今回 間際まで、皆さんで譲り合いをしていたそうです。
「今度の休みに、鳴門辺りまでドライブしましょう」
と言う 私の誘いが、夫を旅行へと誘ったようです。
夫が行くことを決めたのは数日前で、それはそれは慌しい旅行準備でした。
留守中の食事、洗濯、戸締り、各部屋の片付け等を子供たちに伝授して、後ろ髪を引かれる思いで出発しました。
子供たちに、それぞれに気をつけてほしい事を書き連ねたメールを バスの中で何度もしました。
「ちょっと暇なオバサン♪こっちは家事急がしいんよ、ジャマせんといて!」
の娘からの返事でやっと携帯を閉じました。
日ごろの家事の手を止め、眼で楽しみ、口で楽しみ、足で楽しんできました。
旅行っていいですね~。帰ってきた今、かなりリフレッシュしております。
日頃お世話になっている先へお土産をお届けしながら午後9時に帰宅しましたが、
ま~びっくり!家の中が綺麗に片付いています。玄関は靴が並べてあります。
テーブルの上は無駄な物はありません。洗濯物は綺麗に畳んでおります。
三度の食事も手作りで、きっちり摂っていたそうです。
子供たちは長女の采配で、銘々家事を分担したそうです。
こんな事で感心しないで~と思われるでしょうけど、我が家では本末転倒なのです。
中でも感心したのは、台所のシンク周りです。次男が、毎回食器を洗ったそうです。信じられなぁい!
長女の一言は前々から良く効く次男ですが、どんな約束事が取り交わされたのか聞いてみますと
「好きな洋服を貸してあげる」
という交換条件だそうです。さっすがぁ~ねえちゃん!
「そんな単純な約束で、こんなに綺麗に食器が棚に落ち着くんなら、母さんの洋服何着でも貸してあげるのにネ~。」
と言ってみると
「かあさん、頭使わんかい!」
と やはり 長女から非難を受けました。その条件は母と次男との関係では成立しないそうです。
留守中の子供たちの労力をねぎらっていると
「かあさん、コーヒーカップ割ったんよ。取っ手のところだけ綺麗にポロリと・・・」
と 次男がつらそうに言います。
「どこに置いとん!」と 尋ねても黙っています。
もしや!と 思う所に行こうとすると、長女も飛んで来ました。二人同じ場所に立っていました。
「あー食器棚?!」
と同時に叫びました。
食器棚の中に取っ手の無いカップが納まっています。次男の考え付くことはコンナモノなんですって。
今回 皆、無事で良かったwa!

バラ

LOVE

プレゼント

すったもんだ

 
どちら様の家庭にもあることなんでしょうかね? 我が家は特別でしょうかね?
実はね!旅行の前夜、すったもんだ したのです。
次男は鍋が大嫌いです。小さな頃から鍋になると体が硬直してマナーが殊更 悪くなります。
『 迷い箸:箸先を迷わせること。探り箸:箸で食べ物をよりわけること。』 を してしまい父親の注意を受け・・・・・
『 涙箸:お箸から汁気をたらすこと。刺し箸:食べ物にお箸を突き刺すこと。』 と なってしまい夫の箸が息子の手の甲にパシッときます。
『 食いつき箸:箸先を口にくわえること。』 になって とうとう泣き出すこと再々でした。
旅行前夜の食事は、簡単に寄せ鍋でした。
「なんでー。またぁーーー。こないだキムチ鍋したやー。」
と ご機嫌斜めの息子を横目に 息子のマナーも随分板に付いてきたと安心して 旅行準備でテンヤワンヤしておりました。
すると・・・
突然、夫はご自分の箸を投げ飛ばし 怒りだしたのです。
食台の家具調コタツをひっくり返されては、その後大変と成りますので、気配を感じた私はスグサマ食台にしがみつきました。
すると、私の背中が丁度良い位置にあったらしく、夫が全体重を私に掛け ドスンと食台にあがり、息子のもとへまっしぐらです。
夫は息子を蹴り上げ、首根っこ捕まえて振り回し、投げ飛ばし、張り倒し、もう散々です。
怒りの表情を顕わにした夫の姿は、法隆寺の中門金剛力士の仁王像が如く・・・
その造形を思い描いてください。まさしくそのまんまなのです。
息子の姿は、行き場を無くしたちっさいちっさい猫のようです。
「まぁ~お父さん、お父さん、そんなに怒らんでも・・・」
と 私は今度は夫にしがみつきながら声を掛けると
「あんたは、だまっとれ!こんなんが、どんな顔したんかあんたは見てなかろが~」
と 振り払いながら ますますひどい剣幕です。
息子の心の嘆きを思うと胸は苦しくなりますし・・・・・その後の片付けは、ため息付き付き大変でした。
再度 ル~ンルン♪の気持ちになるまでに、私がどれ程努力したことでしょう。
もう~皆さん情けないでしょ!これが我が家の実情です。
 
我が家はまだまだ子育て期間中です。
子供たちは、海のものとも….山のものとも….知れません。試行錯誤の中 接しています。
何が良いのか?何が正しいのか?私には ちっともわかりません。
Blogに想いを書き込みながら思います。食卓の混乱の様をデジカメに撮っておくべきだったwa!
私が笑い話にすれば、子供に笑顔がもどるかしら・・・ 
 

バラ   LOVE   プレゼント