ラグビー

オレの世界に顔出しするな
と 長男は言い続けてきた。 しかし、
今朝 味噌汁を作りながら 長渕剛の “ 情熱 ” を口ずさんでいたら
かあさん オレの情熱!見に来るか?
と聞いてくる。
「あっそれでは」
と 言うことで 次女を連れ 試合会場まで行って来た。
朝の冷え込みは嘘のように 日中は 今日も快適だった。
ルールはさっぱりわからない。
横に横にパスを流している。
息子が走った。 右に左に交わしながら走っている。 クルクル舞いながら交わしている。
相手が腰にしがみついた。 息子倒される。
何度も何度も団子になり そこからこぼれるボールを拾い出しては ゴールポストに近づいていく。
この団子見れたもんじゃない。 ひどいモミクチャ!泥まみれ!
息子の声が一番良く響く。
それ!揃って Go!Go!Go!
投げ飛ばされ 踏み潰され 弾き飛ばされ 爆弾 爆熱 爆裂 母から観るとそんな言葉がぴたりと当てはまる。
息子 頭を激しく相手に蹴られている。
喧嘩になってもおかしくない ハラハラの連続だった。
ハーフになった。 バケツと柄杓が用意された。 柄杓の水を手に流す。 身体にかける。 一気に飲む。
これがラグビー???
びっくりする事ばかりだ。
後半30分もめちゃくちゃだった。
相手のシャツをワシヅカミにして振り回す。腰にしがみ付いて相手を地面に叩き付ける。
まるで喧嘩だ!
試合が終わった。 点差はほとんど無いような気がする。
何点なのか全くわからないままだった。
相手チームと声を掛け合い 双方 笑顔で握手を交わす。
信じられない ほとんど喧嘩だったんだけど?・・・・・
かわいいマネージャーがおるぞ~!髪を整えろぉ~!
と 息子が大声を出している。 応援席が一瞬笑いの渦となる。
頭を打っているようだが 冗談が言えるのなら大丈夫かな?と ほっとする。
対戦相手応援席の前で整列し挨拶をする。 試合中の激怒は嘘のようだ。
かあさんどうだった?
「トライを見た キックを見た パスを見た スクラムを見た タックルを見た」
と 私は知っている限りの言葉を並べた。
おぉ~~ まっ これからじゃの!
「私はどうも好きにはなれない」
とは 言えなかった。
今日は 脳震盪を起こさなかったが 今まで3度 記憶を無くした。
大丈夫だ!
と言う息子を無理やり脳外に連れて行ったことがある。
見事に一週間の記憶が飛んでいる。
ただいま~」「今何時?」と私の顔を見るたび言う。 ヒヨコが目の前をチカチカ飛んでいると言う。
どれ程心配したことか!
腰椎分離症という持病もありながら……. 始終身体の痛みに耐えながら……. 生傷が絶えない…….
厄介なものを好きになったものだ。
もうこれは 何者かにトリツカレテイル。
実力があるのか?誰が認めてくれたのか?
息子は3年生の時 四国代表選手として 北海道で開催された全国大会に出場した。
昨年は 学校を挙げて祝福してくれたが 私は 息子の身体を案じて 喜べなかった。
理解しがたいが これが息子の情熱だというのなら認めないわけにはいかないだろう。
ルールがわかると少しは面白くなるかな?

ドキドキ

理解しづらい団子
2:15 サイレンがなっています 窓から見ると女乙山周辺に赤い炎が立っています
夫を起こさなくっちゃ!分団詰め所に集合だ~☆
月夜の騒動
.