すったもんだ

 
どちら様の家庭にもあることなんでしょうかね? 我が家は特別でしょうかね?
実はね!旅行の前夜、すったもんだ したのです。
次男は鍋が大嫌いです。小さな頃から鍋になると体が硬直してマナーが殊更 悪くなります。
『 迷い箸:箸先を迷わせること。探り箸:箸で食べ物をよりわけること。』 を してしまい父親の注意を受け・・・・・
『 涙箸:お箸から汁気をたらすこと。刺し箸:食べ物にお箸を突き刺すこと。』 と なってしまい夫の箸が息子の手の甲にパシッときます。
『 食いつき箸:箸先を口にくわえること。』 になって とうとう泣き出すこと再々でした。
旅行前夜の食事は、簡単に寄せ鍋でした。
「なんでー。またぁーーー。こないだキムチ鍋したやー。」
と ご機嫌斜めの息子を横目に 息子のマナーも随分板に付いてきたと安心して 旅行準備でテンヤワンヤしておりました。
すると・・・
突然、夫はご自分の箸を投げ飛ばし 怒りだしたのです。
食台の家具調コタツをひっくり返されては、その後大変と成りますので、気配を感じた私はスグサマ食台にしがみつきました。
すると、私の背中が丁度良い位置にあったらしく、夫が全体重を私に掛け ドスンと食台にあがり、息子のもとへまっしぐらです。
夫は息子を蹴り上げ、首根っこ捕まえて振り回し、投げ飛ばし、張り倒し、もう散々です。
怒りの表情を顕わにした夫の姿は、法隆寺の中門金剛力士の仁王像が如く・・・
その造形を思い描いてください。まさしくそのまんまなのです。
息子の姿は、行き場を無くしたちっさいちっさい猫のようです。
「まぁ~お父さん、お父さん、そんなに怒らんでも・・・」
と 私は今度は夫にしがみつきながら声を掛けると
「あんたは、だまっとれ!こんなんが、どんな顔したんかあんたは見てなかろが~」
と 振り払いながら ますますひどい剣幕です。
息子の心の嘆きを思うと胸は苦しくなりますし・・・・・その後の片付けは、ため息付き付き大変でした。
再度 ル~ンルン♪の気持ちになるまでに、私がどれ程努力したことでしょう。
もう~皆さん情けないでしょ!これが我が家の実情です。
 
我が家はまだまだ子育て期間中です。
子供たちは、海のものとも….山のものとも….知れません。試行錯誤の中 接しています。
何が良いのか?何が正しいのか?私には ちっともわかりません。
Blogに想いを書き込みながら思います。食卓の混乱の様をデジカメに撮っておくべきだったwa!
私が笑い話にすれば、子供に笑顔がもどるかしら・・・ 
 

バラ   LOVE   プレゼント