亀の化身に違いない!

プレゼント

子育て真っ最中の頃、暇を見つけては泉寿亭跡の市立別子銅山記念図書館へ、親子で出掛けていました。
ドーム型の屋根が特徴的な図書館で、ドームの周辺の窓添いに閲覧コーナーがあり庭を眺めながら読書が出来ます。
その庭は、大手企業の迎賓館として栄えていた泉寿亭の名残り奥ゆかしい庭園です。
子供達は、その庭園に囲まれた窓越しで、紙芝居や童話に夢中になりました。
読書に耽って感情移入している最中、「かあさん、シッコ~!」ということが再々なので・・・。
私は、出来るだけさらっと目を通せるものをあえて選んで随筆か写真集を頻繁に借りていました。
「ふるさとの思い出写真集・新居浜」は、懐かしい想いにふけりながら、目を通した本のひとつです。
以前にも、『幼い時に見た景色』で、この中の写真を紹介しましたが、もうひとつ 私の勝手な思い出の 懐かしい写真があります。

上 : 昭和13年頃の新居浜-西条線海岸道路 『 仏 崎 (ほとけざき) 』

のどかでしょう~♪

現在の新居浜-西条線海岸道路 『 仏 崎 』

今では 海岸沿いが埋め立てられて、大手の工場が立ち並んでいます。
御代島(みよしま)が陸続きとなり、広い工業地となりました。
中央分離帯に立ち写真を撮りましたが、向かって来る車・後方から来る車がドンドン迫ってきて怖かった~。°・(>_<)・°。

私が懐かしく思う頃は昭和40年代なので、一枚目の写真より30年も後のことですが、私の記憶の景色は この写真となんら変わりが無いように思われます。
ただ 弟が喘息の発作を起こし頻繁に入院したり、この仏崎海水浴場の閉鎖を目の当たりにしましたから、自然の汚染は進んでいたのでしょうか。
そういった公害事情が表立っていましたが、その当時の仏崎は まだまだ静かでした。
自家用車で松山方面へ行く時は、この新居浜-西条線海岸道路を通っていました。 (動物園、松山城、道後温泉、飛行場 etc…..)
車の窓から眺める仏崎周辺はとても美しく、視界を次々遮る松の木と、青い海は絶景でした。
「さあ~、お出掛けよ。楽しいことが待っている。」
と母の一声が、私の心を弾ませてますます美しいものにしていたのかもしれません。
ただその道を通る度、たった一つ気掛かりなことがありました。それは、ペチャンコになった亀が路面に放置されていることでした。

では、私の幼い頃の話をひとついたしましょう。

バラ LOVE プレゼント バラ LOVE プレゼント バラ LOVE

私は6歳になったばかりの頃、竹の物干し竿を半日(往復6km)持ち歩いたことがあります。
行楽を予定していた前日、仏崎に幽霊が出たと聞き、しばらく考えた私は、
「そうだ!幽霊ばなしは・・・亀の化身に違いない。」と、奮起したのでした。
私は、籠に詰まった洗濯物を横目に 物干し竿を引きずり 西へ西へ・・・
持ち出したものの あまりに厄介なので道中置き去りにする事も考えましたが、やはり母が困ると思い 持ち帰ったのでした。
何故、物干し竿を持って歩いたのか不思議でしょ。何を考えていたのでしょうかね?
思い出す限りでは、厄介なものを持ち歩きながらも 決して後悔していませんでしたから、何か理由があるはずです。
亀の墓標にしては長すぎるし、海に返すための道具なら竿だけでは無理のようだし、
その日は、弟が水疱瘡と診断された翌日のことで、弟にばかり手を焼く母を数時間困らそうと思っていたのでしょうか?
それは、ヤキモチ!
私が水疱瘡に罹ったのは、そのまた翌日のことでした。

皆さん!
この道を通ることがございましたら、竹竿を引きずる何とも風変わりな女の子がいたことを思い出してくださいね。

バラ ・・・LOVE ・・・プレゼント