演奏会

12月10日
朝から晴れました。
前日の一日中降っていた冷たい雨が止んでくれました。
新居浜市吹奏楽団の定期演奏会へ友人を誘って行って来ました。
管楽器の素晴らしいハーモニーを聴きました。色っぽいホルンのソロに聴き惚れました。
トライアングルの可愛い音からハープやパーカッションなどの楽しい音に心弾みました。
多くの楽器が順々に顔を出し、おもいっきり主張し合う流れがありました。
モーツアルトの古典派の音楽、日本人が吹奏楽の為に書いたという純和風の曲、そして映画音楽に至るまで、広範囲の曲を堪能することができました。
前半に迫力を感じ、この楽団の演奏技術にますます感心しました。
毎回思いますが、誠に素晴らしいです!
はじめての曲に出会いました。遠く広がるような自然の動きを感じる曲でしたが、演奏を聴く側として緊張に近い感情を持ちました。
もっと深く、もっと流れるように、もっと輝いて、もっと柔らかく、もっともっと・・・と願った私は欲張りでしょうか。
後半に入り、だんだん はじけました。アンコールで絶好調に盛り上がったのは、これもまた初めてのことでした。
その2曲「テルーの唄」と「ラデッキーマーチ」の演奏が、今も私の中で深く広がり、そして はじけるように流れています。
目に見えない美しさは、幾時間も幾たびも和やかな時を与えてくれます。
本物の素晴らしい演奏が、こんな間近に聴ける環境にありますことを幸せに思います。
.
バラ

LOVE

プレゼント

.
雨の去った後