なんとも変な喜び

日曜日、友人の玄関先で 犬にかまれた。
飛びかかってきた瞬間 後ずさりしたが 間に合わず 左足すねをブチッと やられた。消毒を何度も念入りにした。
今では、4本の牙が刺さった後がかさぶたになり、その周辺がこんもり赤くなっている。
友人から、「病院へ行って頂だ~い。」とメールや電話で再三の願いがあったので、病院へ行って来た。
「赤いほてりがある時は、抗生物質の薬を処方したほうが良い。」と 医師から教わった。
夜、友人の電話が入り、「病院へ行って来たよ。」と 報告をした。
友人は「良かった。良かった。」と ひとまず安堵した様子だった。
病院を躊躇することは「友人に対してなんとも思慮の足りないことをしていたんだな。」と 申し訳なく思った。
「狂犬病にかかった時は、運が悪かったと思って、まぁ~死ぬ時を待つしかないよ。」といった調子だからね~。
私は自分の怪我に対して、ちょっと鈍感だ。
そんな鈍感な私でも犬に追いかけられ、「出来れば生きたい、死にたくは無い!」と 思ったことがある。
しとしと雨の降る日だった。私は、早朝4時、バイクで新聞配達をしていた。
工業団地のある一画に差し掛かった時、新聞をナイロンに入れようと立ち止まった際、数匹の犬に囲まれた。
「ウゥーーーーーーー。」と うなる鳴き声。
暗がりの中 白く光る牙。私を取り囲むようにじわじわ寄ってくる。
私はバイクにまたがり必死で走った。グリップをしっかり握り回し速度を上げた。
犬達は、容赦なく私の足首に次々飛びついてくる。
左足でギアを代えると即座に両足をVの字にハンドル程の高さまであげた。
私は、その格好のままスピードを上げ、直進するしかなかった。
一番大きい犬が最後まで追いかけてきた。
犬の目線は、すきあらばいつでも飛びつこうと私の足に向けられている。
何度目かの交差点を抜けると、犬はピタッと追いかけてこなかった。
縄張りがあったのだろう。私は犬たちの領域を荒らしたのだ。
あの区画に差し掛かったら立ち止まってはいけないことを 逃げ帰った私は、所長から知らされた。
犬の必死の形相がいつまでも目に浮かぶ。負けたくは無かった。立ち止まるわけにはいかない。
しんなりした奥様では生きていけない。もうちょっと強くなりたいと意欲が出てくる。
再度挑戦!
工業団地の塀に埋め込まれたポストに、走行しながら瞬時に片手で新聞を三つ折にして投げ込む。
犬のうなり声を聞きながらただひたすら突っ走り、その並びを同じように5件お届けする。
その工業団地を無事抜けた時、喜びが湧いてきた。
何事にも喜びが無いと前進しないものなのだろう。今となっては、なんとまぁ変な喜びだなぁと思う。
その後十余年そのお届けを頑張った。
「出来れば生きたい、死にたくは無い!」と 痛切に思ったあの時の感情が懐かしい。
「出来れば若返りたい!」と思う今の私は、安穏としている。
人生の折り返し地点を過ぎたかな?っと思う今日、特にしわとか しみが増えた分けではないけれど、普段の苦労が顔に出ないよう気を配っている。
家庭を切り盛りしなければならないといっても、あの経験を自分から背負うことはもう出来ない。
もう懲り懲りyo!
バラ

LOVE

プレゼント

なんとも変な喜び」への6件のフィードバック

  1. かまれた傷跡、大丈夫ですか?
    飼い犬なら、予防注射してあるでしょうし、心配ないと思うけど・・
     
    すごく頑張ってこられたんですね~。
    そんなお母さんの後姿、子供さんたちはしっかり見て育たれてるはずですよ。

    いいね

  2. おはよう ☆まるさん。
     
    よくやってこられたのですね。ほんとに生きていることを実感しながら日々を送っておられたんですね。頭が下がります。
    猛犬から逃げようの無い場所への配達を考えただけでもぞっとします。
     
    ものすごく昔のことで申し訳ないのですが、のらがまだ幼児のころに大きな野良犬に噛まれたことがありました。
    その頃は日本でも狂犬病が流行っていましたので、母はぼくを背負って町中の開業医や病院を回りました。
    医療体制が整っていない時代、救急病院もありません。どこもワクチンを持っておらず、
    あらゆる情報を集めて2日間かけてやっとワクチンのある病院にたどり着き治療を受けました。
    身近に狂犬病にかかった人はいませんでしたが念には念をですからね。
     
    母はそのことがあってから犬嫌いになりました。当の本人(のら)もその後しばらくは犬が怖かったのですが、
    いつの間にか愛犬家に育ちました。でも番犬として飼われている犬は凶暴な性格のものが多くて
    飼い主以外は寄せ付けないですね。
     

    いいね

  3. こんにちは、コスモスさん♪
     
    かさぶたの下は化膿しているみたいです。初回の診察では、かさぶたを退けるのを「おっとっとー」と 大声を出して拒んだんですけど、薬も切れるので、今日当たり、医師のすすめる治療を覚悟しなければならないようです。
     
    どちら様にも、大変なご苦労がございます。ただ表現しないだけですよね。コスモスさんもそうでしょ! とても明るい方で、とても奥ゆかしい内面をもっていらっしゃるとお見受けいたします。今回の怪我があり、ついつい 「生きたい!」と願った瞬間を思い出し 書き込みをしましたが、皆様にもそれ以上のご苦労があったこととお察しいたします。
    それぞれの思いがお顔や文面に自然とあらわれるようです。これからも、家族に….出会う人々に….丸く暖かく思いを込めて接していきたいと思います。
     

    いいね

  4. のらさん♪ こんにちはーo(^-^)o
     
    のらさんを背負ったお母さまのお気持ちがわかります。納得の行くまで、子供の体を思い、開業医や病院を回られたお母様の愛情は、年数を経ても色あせしないですね!まだむしろ年数と共に、ありがたく、暖かく、幸せな感情が強くこみ上げて来るのではないでしょうか?
     
    子供達を一時保育に預け、窓口業務(独身の時に勤めておりました職場)を経験しましたが、3ヶ月でお手上げでした。泣き叫んで私から離れようとしない娘を毎朝見るのが辛くて、仕事が手に付きませんでした。
    そして、このような経験を・・・。逃げ道はいくらでもありましたのにね。この時期は、新聞配達を主婦の片手間としてではなく、プロ意識を持って取り組もうと心に決めたばかりでしたから、こんな無鉄砲なことが出来たんでしょうね。
     
    いつの時も 子供を思う親は、なんとも不思議な(ある一部の方々からすれば理解出来ない)行動をするものです。
     

    いいね

  5. ☆まるさん、こんばんわ。
    イヌは気をつけないといけないですよー。
    日本では昭和40年代から狂犬病発症の記録はないけど、最近のペットブームと、アジアの狂犬病発症の多さを鑑みると日本も非常にリスクの高い病気の一つなんです。水怖くないですか?怖くなかったら大丈夫です(笑!)。今ね狂犬病ワクチン生産が追いつかなくて涸れてるんです。世界もだんだん狭くなってきて風土病っていう言葉が死語になってきております。それだけ誰でもどこででもやばい感染症にかかる可能性があるのです。
    日本はペットの登録とかしっかりされていて、イヌの予防接種も義務づけられているので大丈夫です。ただ最近のペットブームで本来日本にいない種が気軽に飼えることはやっぱり良くないように思います。動物だけでなく植物もですけど・・・。
    飼い主は責任を持って子孫を残さないようにしないといけないかなーなんて思ったりする次第です。

    いいね

  6. jazzyさん、こんばんはー☆
     
    我が身一つの人生なら、私はかなり無神経な無鉄砲な一生を過ごす人間なんだと思います。家族の事を思うと、責任を持って生き物を飼う・接する という事や 感染症等に気が向きます。今回もjazzyさんのお話を「そうだそうだ!そうなのか!」と頷きながら聞き入りました。
     
    2年前台風の折、ポンプの誤作動で、我が家周辺の民家はコトゴトク床下(床上)浸水になったことがありました。保健所の指導通り床下に潜り込んで消毒を撒き、あれこれ感染症等の心配をしたことを思い出しました。その後地下水の検査をして、異常が無いと確認できた時はホッとしました。
    その日以来、衛生面や健康について、ちょっと繊細になりましたよ!
     

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中