赤いおべべが好き?

次男がピンクのパジャマを着ています。

冷蔵庫の前、コタツの中、洗面所など、ピンクが家中をグルグルしていると、何故か華やいで楽しくなります。

実はね!

昨夜までミッキーマウスの青いパジャマを着ていましたが、手も足もクルブシがたっぷり見えて寒々しい様子でした。

「僕のパジャマ買ってん。」と言いながら次男は風呂に入りました。

その間に、収納ケースから次男の丈に見合ったパジャマを超特急で探し出しました。

あった!その色は、ショッキングピンクです。胸の辺りには赤い蝶ネクタイをしたクマの顔です。

「あっそれ。ウエストのゴム緩いよ!」と 次女が教えてくれました。

「あらホントだわ!これじゃぁストンと落ちるね。」

急いでゴムを入れました。

「ねえちゃんと妹が着古した物だけど着てくれるかな~?」と 脱衣所にそ~っと置きました。

悪いことをしている訳でもないのだけど、ドキドキしながら………

うふふ。次男がピンクのパジャマを着てくれました。可愛い~!!

兄弟みんな、見てみぬふりをしてくれました。

「たぁーくんに我慢するよう説得しようと思ったのに拍子抜けじゃ。」と 長女がこっそり私に耳打ちしました。

それにしても坊主頭の次男は、ピンクのパジャマが良く似合います。

内緒.ないしょのお話しだけど、七五三の記念写真を撮った時のことです。

二歳と半年のあなた(次男)は、自分が着ている紺の紋付袴を嫌がり だだをこねて皆を困らせましたね。

相棒と同じ赤い花柄の着物を指差して「ちゃ~ちゃん、同じ~!」「おべべ着るぅ~!」とね。

バラシタ、バラシタ。

ひょっとして、赤いおべべが大好きなのかな? うん?

ごめんねぇ。もうしばらく我慢してね。

鼻の下の産毛が黒くなりはじめた頃には、あなたに新品パジャマをプレゼントしてあげるね~!

  ★