元日

元日Part③

朝、子供たちの何かしらのゲームが始まっていた。

彼らの笑い声や騒々しい物音を聞きながら、 「何かしら?」と、思っても そこへ寄せてもらえない。

そのはしゃぐ声がようやく静まり掛けた頃、次男のお尻には 書初めが施されていると聞かされ、ようやく写メで拝ませてもらった。

白くてプルンとお尻の名残りはあるものの、大幅に様変わりをしていた。

なんじゃこりゃ!

その書初めの写メを誰かに送っているようだ。

誰に??? まだまだ笑い声が響いていた。

子供って残酷ね。次男が笑っていたのでホッとした。

その後、一時間30分掛けて金毘羅さんへ直行!

前日の雨のなごりの中、混雑している隙間を縫うように長~い階段を子供達は元気に掛け上がった。

必死に追いかけて、正月情緒にふけるゆとりなど全く無い。

露天が並ぶ中、あれこれ買い食いするさまは見れたもんじゃない!

堅苦しい礼儀を抜きにして・・・と思うけれど、私、他人の振り!

もう何年かすると立ち食いを恥らうようになるでしょう。まぁー無礼講。

彼らの勢いに圧倒されるばかりだった。

夕刻、お出かけから帰宅直後、「カラオケに連れてって~!」と、子供たちがで言う。

現金なもんだ!元気なもんだ!

5時にカラオケの受付を済ますと 母はもう無用だと言う。

「父さんとゆっくり話しでもせんかい。」「三時間後にお迎え来てね!」と、彼らはカラオケの階段をさっさと上ってしまった。

一方的な約束を受ける羽目となった。あ~あ、追いやられた。

家に帰ると夫が消えていた。

居所を訊ねるなんてしたくない。けれど、子供たちの配慮を思い しおらしく夫へメールを送った。だけど、とうとう返事は返ってこなかった。

「お迎えなんか行かんわね。プンプン!」と、独り言を言いながらも やっぱり子供たちとの約束を破ることは出来無い。自分が情けない!

一人さびしく年賀状を眺めて時間を潰そうとした。それでも約束の時間はまだ来ない。

なので、いつもと変わらず洗濯物をたたんで、晩御飯の支度をして、時計を何度も見ていた。

もはや私は、一人では生きてゆけない人種なのだなぁ~。やっかいなものね!

予定より早い子供たちのメールでイソイソとお迎えに行くと「母さん歌おや。」と、ニコニコ手招きしてくれた。嬉しい~!

娘の弾む歌声は可愛い!息子のガラガラ声はカッコいい!

これまで何を歌ったのかな~と履歴を見ると、ま~随分沢山の流行曲が並んでいた。

私は明らかに選曲ミスをしたのだけど気持ち良く二曲も歌わせてもらって る~んるん♪ 単純なものね。

そして、遅い晩御飯を食べて・・・・・

浴室から「マジックの跡が消え~ん!」と叫ぶ次男の声・・・・・

・・・・・

鏡を見ながらお尻を磨く次男が夢に出た。

目が覚めると、深夜冷たいコタツの中だった。

なんじゃこりゃ!!!

おいおい、年明け早々これで何度目の置いてけぼり~!

いつの間にか帰宅していた夫と子供たちは、気持ち良さそうに布団で眠っている。

夫の大きい鷲鼻をオモイッキリ摘まんでやった。

うっししいっししイノシシ

ちょっと気が晴れたから、私も今度こそ布団で ひと眠りし~よおっと!

.

バラ

.

金毘羅さん

成就社にて新年会

LOVE

2007年 元日 Part②
4時に起床し、3組の仲良し家族が誘い合わせて 石鎚神社の中宮 成就社へ初詣に行きました。

石鎚ロープウエイを登り、6時に成就駅に降り立つと 辺りは一面真っ白でした。

竹灯篭の彼方に 西条と新居浜のネオンを臨むことが出来ました。

雪の山道を30分程ザックザックと歩きますと、成就社の手前に初日の出を拝むには絶景の場所があります。

その場所に立ち十数分待ちました。

7時、陽が昇るまであともう一息という時、真っ黒い雲が流れてきました。

残念なことに この土地で一番早い 初日の出を観ることはできませんでした。

.

.

成就社では、おみくじ大吉を引きました。幸先よろしくてハッピーハッピーです。

成就社の隣にある山小屋で新年会をしました。夫婦3組とそれぞれの子供たち8人、全員で14人です。

おでん、ゼンザイ、うどん、おにぎりを食べました。殿方は美味しそうに酒がすすんでいました。

母と子にとっては、賑やかなのが ご馳走です。

場所と集う家族数は年々異なりますが、この新年会が20年も続いているのです。

数年前にこの場所へ来た時は、鎌倉が造られており子供たちは大ハシャギでした。

友人の子供が迷子になり、皆で血相を変え探したこともありました。

子供たちの成長が主ですが、思い出話しがゆっくり ぽん ぽん 湧いてきました。

9時に山小屋を出ました。双子が雪と戯れているその頭上をサーッと光が射しました。

氷の衣を着た木々たちも、陽をあびてうれしそうに光っていました。

帰りはリフトに乗りました。不自然な揺れ具合に 乗り始めは何度かオゥ~と叫んでしまいました。

遥か足元には、猪にしては小さい? 野うさぎ? の足跡が雪の中に点々と連なり 数本の長い曲線を創っていました。

この集まりが、この先もず~っと 出来るだけ長く続きますようにと、心の中で手を合わせて山を下りました。

12時に、家に帰り着き、年明けから洗濯物に追われる現実に戻りました。

.

バラ

LOVE

プレゼント

.

【 お ま け 】

.

初詣

2007年 元日 Part①

カウントダウンの数分前に家族で初詣に行くことになりました。

夫は、子供たちに声を掛け、腹痛を訴えた娘2人を無理矢理連れ出したのでした。

息子2人は、家族で行くことを頑なにためらって留守番を選びました。

例年は自転車で出かけるのですが、夫は娘たちの体調を心配し自家用車で出かけました。

法泉寺で除夜の鐘を突き、その後 八幡神社へ参拝しました。

八幡神社は、参拝者が鳥居を越し自動車道まで長蛇の列でした。

夫は、ゆっくり進むその参拝者の横をここが王道とばかりに 堂々と境内に向いて進みました。

体調を崩している娘たちを杞憂してのことと思いますが、これは堪らなく申し訳ない行いで、私と娘たちは、ペコペコ頭を下げながら、夫の5m後ろを付いて行きました。

お賽銭箱に着くと正規の参拝者がどうぞとばかりにスッと空けて下さり、アッという間に祈願の時となりました。

そのような中、勝手気ままな神頼みはし難く、ここ数日の願いはどこかへ跳んで行きました。

「夫がこれ以上先急ぐことなく、どうか無事にこの一年を生きてくれます様に!」

と 祈るのが精一杯でした。

帰宅しても、ただそれだけを願って寝床に着きました。

バラ LOVE プレゼント