なまこ

         

早朝、父と子が海へ行きました。

防寒着をまとい 首にタオルを巻き 長靴を履き 懐中電灯とバケツを持ち そっくり同じ出で立ちで出掛けました。

長男にとって 父親はカリスマ的存在です。

幼少の頃から しつけと称してかなり厳しい仕打ちを受けていますが 夫が外出する時はぴったりくっついて行きます。

長男は、父親を尊敬しているようです。

「 父さんはかっこええ!かなり楽しく生きとるや!」と言います。

「 どこが?」

夫は、いつも苦虫潰した顔をしています。 何を考えて この家のど真ん中に腰を据えているんでしょう。

私には、家庭生活に喜びを感じているように見えません。 嬉しく…楽しく…仕事に励んでいるようにも見えません。

まっ! それはさて置き 二人は なまこ を獲ってきました。

.

バケツを覗くと・・・ うじゃうじゃ! むにゃむにゃ!

あまり快いものではありません。どちらかというと いや~ん!

栗色の体に赤い斑点のあるもの  深緑や青の混じった色合いのもの  斑点が不気味に目立つ黒色のもの

どれも イボや吸盤がぶつぶつと規則正しく並んでいます。 3つ 6つ どうやら三進等です。

奇妙な体をしたなまこですが 定まった数があると知ると少し愛着がもてます。

なんらかのさだめで この世に生まれてきたのでしょう。

いやん!

バケツの中から取り出しますが、もう既にぶら~っと腸を吐き出したものもあります。

やっぱり 何度経験してもいやん!

鮮魚専用のまな板の上に置くだけで精一杯です。

不得意なものを悟られるのが嫌な私ですが こればっかりは・・・

「自分で獲ってきた物は、最後まで責任持ってよ!」と 風呂から出た夫に 可愛くないことを言う私です。

「この内臓を干したものが珍味なんだ!」と 下処理しながら説明をする夫の手元を見ると寒気がします。

水洗いしながら 薄切りにしてくれました。

ここまでくると 後が楽しみになってきます。

すり大根と柚子の絞り汁が入った三杯酢につけます。

柚子の皮を千切りにして天盛りします。

ほら! 見た目は良くないけれど美味しいはずなのです。

は~い! いただきます。

家族皆で 海の幸をいただきました。

磯の香りと コリコリした歯ごたえがタマリマセン!

ごちそうさま~!

下処理を済ませた赤色なまこは、ご近所にお届けしました。喜んでくれたかな?