桃の節句

 ひとつひとつの小花が幾つも幾つも集まって、まるでぼんぼりのようです:椿寒桜

我が家の娘たちは、みんなに祝福されて生まれてきました。

「初節句に」と 次々届く 市松人形や手毬人形は、とっても愛らしいお顔立ちをしていました。

毎年戴き物のお人形を飾って、みんなに守って頂いていることを感謝してお祝いをしていました。

夕飯には、ちらし寿司とハマグリのお吸い物を家族で食べていました。

今年は、お雛さまを飾るゆとりも無く、ちらし寿司をつくってあげることもできませんでした。

ごめんなさいね………☆

朝から引率していた野球の当番を終え、その後職場に行きました。ひと仕事をして家に帰り着いたのは、午後9時でした。

娘たちが家族みなの晩ご飯を準備し、飾りっけの無い家を掃除して、小奇麗にしてくれていました。

さっぱりと片付いた部屋を見ていると、今日の疲れはどこかに消えました。だけど、殺風景な床の間を見て申し訳なく思います。

今日は、娘たちの為に何もしてあげられませんでした。ごめんなさいね………☆

母さんは幸せです。娘たちに感謝します。

◆◇  一日遅れのちらし寿司  ◇◆

■ 下記は、お雛さまのケースに入っていた説明書きの一文です。

ひな祭りは、平安時代、高貴な生まれの女の子の厄除けと健康祈願のお祝いだったそうです。

今では、庶民の間にも定着して「桃の節句」となりました。

初節句のひな祭りは単なるお祭りではなく、お七夜やお宮参りと同じく女の赤ちゃんのすこやかな成長を願う行事です。

お雛さまは、赤ちゃんに降りかかろうとする災厄を、代わりに引き受けてくれる災厄除けの守り神のようなもの。

気持ちの問題ですが、省略せずにきちんとお祝いしてあげましょう。

.

.