椿寒桜

青い空に映える薄紅色の花を観ました。

実は・・・

「校庭の桜が卒業式を素敵に演出していたよ。母さん、散歩してきたらー。」

と 娘が教えてくれたのです。

ゆとりの時間を娘からもらって、娘が通う高校内を歩いてきました。

ツバキカンザクラが満開となっていました。

ほのかに香りがあります。

ソメイヨシノよりも ほぼ4週間程 はやく満開となるそうです。

ですから、卒業式に満開となり、入学式に若葉が芽吹きます。

初々しい入学生を若葉が迎え入れ、努力を重ねた卒業生を満面の笑みで祝福する桜なのだそうです。

愛媛県を中心に栽培されている桜で、松山市の伊豫豆比古命神社(椿宮)に原木があるそうです。

ツバキカンザクラは、ソメイヨシノより色が濃く 開ききった花芯は特に赤味を帯びています。

やや膨らみがあるひとつひとつの小花が 多数集まると、まるでボンボリの様です。

そのボンボリがいくつもいくつも咲き連なっています。

 

丸みのある花びらが、ほかほか陽気のなか 風に揺られてはらはら舞い落ちてきました。

その花びらは、地べたに落ちるとちりちり縮んでいきました。

木の足元には花びらの小道が出来ていました。

もう間もなくすれば、紅色の絨毯となるのでしょう。

あっけない花のようですが、咲き始めから、散りゆくまで

その姿は、まるで努力を慈しむかのように優しく語ってくれるようです。

温かい風が吹きます。 つぼみが ちらほら……. これから咲く花も パッと咲き散るかもしれません。

椿寒桜青空のもと

ツバキカンザクラさん♪ 来年、娘の卒業式に会いましょうね。

娘の笑顔は、あなたの満面の笑みに等しいでしょうか。

娘の日々の努力が実を結びますように!! 校庭の桜に是非祝福してもらいましょう。

今日は、校庭を歩きながら春の訪れを感じました。

 
.