息子と私

 
.

もうまもなく二十歳になる長男は、16歳の頃ラグビーに出会ってから だんだん丸くなった。 ほっ

まだまだ、口は香ばしいけどね!

「一人がみんなの為に、みんなが一人の為にプレーを重ねるラグビーが、とっても好きだ。」

という彼は、今では随分大人になった。

楕円形のボールをいつも抱えていて、それを受け合い出来る彼女がいるってことは、母として嬉しい限りだよ。

息子のよき理解者に感謝する。

彼の小学生時期は、私はお茶菓子を持って、もう幾度となく謝罪に走った。

「○○様の大切な息子さんを暴力という最低な行為で傷つけてしまって申し訳ございません。」と・・・

彼は、自分の尺度で理解できない時? うんー、不条理なコトや人に出会うと? 毎度の様にぶつかっていたよ。

正義感が強かったのかな? 相手は、上級生が多くて、下級生は一人もいなかったよ。

「暴力はいかんよ!」と いくら母親が注意しても、なかなか修まらなかった。

中学1年の夏だった。

頭突きで先方に向かって行って、相手の鼻の骨を折ってしまうという喧嘩をしたことがある。

「手を出してはいかん!」という私の言葉が脳裏から離れず、でもどうしても同級生の行為が、許せなかったらしい。

母との約束を破らないで、やっつける方法???だったのだそうだ。 あぁぁぁぁー。

それが、私の知る限りの私が謝罪に出向いていった、彼の最後の喧嘩だった。

中学2年生の頃だけど、随分過激な親子のバトルが続いたコトがあったよ。

子供の反抗に、すごすご引き下がる母親ではないからねー。相手が切れると、こっちもその倍切れる。ってな具合に・・・

ちぎれたタオルを投げあったし、お互い食器は投げあうし、椅子が飛んで壁にドス穴が開いたこともあったよ。

そのバトルを見ながら、その他の子供達は、ただただ、おろおろするばかりで・・・

「母さんを怒らすと見境も無く怖い!」と 思ったのかな?

その後彼は、高校受験を前にして、拳骨で壁に穴を開けることがあっても、母に向かうことは無くなった。

暴力を奨励するかのような父親の元に居ると、息子達は、家族間で、結構怖い思いをしている。

父が怒りだすと、私は「まあまあ、そう怒らんと・・・」と仲裁に入る。

子供達は、暴力にたじろぐ母の姿を おそらく見たことがないだろうね。

187cm、97kgの父親を前にして、152cm、50kgの母親が、仁王立ちする位だからね。

長男ほどの反抗をする子は今のところ居ない様だけど・・・(謎

現在、母の注意とその視線に、地味に反抗している奴が1名いるんだなー! こんにゃろうめ!!