研修旅行

.

.

研修旅行へ行ってきました。息子の通う専門学校の後援会活動のひとつです。

原子爆弾による被害者の遺品や被爆の惨状を示す写真や絵などの展示物を見てきました。

核兵器の恐ろしさを痛感しました。

一日も早く地球上から核が廃絶することを願わずにはいられません。

多くの人生を狂わせた核。幸せを奪った核。

その怖さを皆に知らせて、多くの人の心を動かし、世界の平和をもっともっと唱えなければ・・・。

本当に、大きな代償を払ってしまいました。

.

.

3歳の僕が被爆した時に乗っていた三輪車です。

僕とこの三輪車は、ご両親の手により土の中で長らく眠っていたそうです。

展示会場でこの三輪車を目にして、涙があふれました。

その流れを止めることもできず、その無言の時の流れを想像しました。親の愛とその後の苦しかった日々を想いました。

身体は焼け焦げ僅かばかりの衣類をまとい、 幼い子供をかばうように死んでいった母親に涙を流しました。

熱くて、痛くて、苦しかったでしょう。

どうすれば、被爆した方々が安らかに眠ってくださるでしょうか。

.

.

そんなことを重く感じながら展示会場からバスへと急ぐ道、甘~い香りに誘われました。

くちなしの花です。

目立たないところに咲いています。この小さい白い花に救われました。

花を愛で、深~く心が落ち着くささやかな幸せをありがたく想いました。

.

.

我が家は、ささやかな暮らしですが、皆の健康がどれほどありがたいことか・・・しみじみ感じました。

しまなみ海道の美しさとバスの中で隣りあわせとなったご婦人の優しさも、付記しておきましょう。

道中では、2世帯同居で暖かい家風の暮らしぶりに聞きほれ、大変感心しました。

青い海、白い雲、橋を渡す島々は、久しぶりに見る広い世界でした。
.

研修旅行」への6件のフィードバック

  1. 戦争って、みんなが「絶対ダメ」と言ってるにもかかわらず、必ずどこかで起こってる。
    日本も、もしかするとその流れにまた乗っかっちゃうんじゃないかしら、と不安です。
    せめて自分の子の代、孫の代までは平和であってほしいと・・・・。ずっと平和ならいいんだけどね。
     
    まるちゃん、せっかく仲良くなれたのに、事情でスペをやめることにしました。
    短い間だったけどありがとう。まるちゃんのスペで、本当にホッコリすることができました。
    できるなら、まるちゃんはずっとそのままで変わって欲しくないな~♪
    おっとりしてるようで芯が強く、まぢめなんだけどどこかズッコケなまるちゃんのままでいてくださいね。
     
    本当にありがとうございました。

    いいね

  2. ◇すずちゃ~ん、もう びっくり….☆
    思い留まってぇーーーーー♪ せめて、制限をかけるとか・・・ね!
    すずちゃんは、ほっこりするステキな存在よ♪ 
    出来ることなら 私の傍に・・・
    すずちゃんの首に鈴をつけることが出来るならそうしたいwa!
    気ままに さりげなく 日々を過ごしているようでも、すずちゃんの世界は個性的よ。
    すずちゃんの頭に独り言が溜まって、詰まって、爆裂しませんように!
    たまに、気ままに更新!って~のも イイじゃない….☆”
    すずちゃんの世界残して欲しいな….☆”

    いいね

  3. こんばんわ
    核兵器、地球を何十回も破壊するほどあるそうです
    憲法9条にも手を加えるし
    核の恐怖を2度も経験してるのになぜ日本人は潔く兵器を捨てないのでしょうね
    そういう意識を持つことの方がヒトとして大切だと思います
     

    いいね

  4.  ◇jazzy様~ようこそ!
    「武器を持っているんだぞー」と 脅すことで、防衛する道は無い。。。と 思っているんでしょうね。
    悲しいことです。
    jazzyさんのおっしゃるとおり、人道的な道を進むことで、国を守れないかしら?
    悲惨な原爆の経験から、人として大切な意識を持つことを指針にして、もっともっと市民に示して欲しいものです。
    「原爆の投下は、しょうがない」ですって! 防衛相さん、もぉー、ナンセンスよ!!
    前を向いて進まなければなりませんから、米国を恨む必要はありませんが、核の保持を是認してはならないと思います。
    今後の原爆の投下は、決してあってはいけないと・・・つくづく思います。
     

    いいね

  5. こんばんは
    原爆のことを見聞きすると☆まるさんと同じように涙なしにはいられないです。
     
    以前ポーランドから来た友人を大阪城に案内したときのこと、展示物を見た感想を
    「国が違ってても人類の歴史はどこも同じだね。悲しいね。」とぽつりと言いました。
    お城の展示物の多くは戦国時代の戦いの様子や武器が展示されていました。
    いつの時代でも人類の歴史は戦いの歴史なのだと言うのです。
     
    ポーランドも悲惨な戦争を味わった国ですし、なによりもあの”アウシュビッツ”が建設された国なので、
    戦争の狂気や空虚さを身をもって体験した民族のひとつですから言葉の重みがあります。
     
    文明が未発達の時代ならいざ知らず、情報化社会が浸透した現代でも地球上のどこかで今日も
    この今もテロや紛争が起こっています。
     
    民族や宗教や政治形態が違う隣国がそれほど憎しみの対象になるのでしょうか。
    人々にそういう憎しみの心を植え付けているのは実は一部の指導者層なのだと思います。
    清算が済んでるはずの過去の何十年も前の過ちを今になってまたほじくり返して国民感情を煽っている
    報道もありますが、それを持ち出すのなら原爆の投下で数十万人の命を一瞬に奪った事実をなおざりに
    しないでほしいと思います。
    抑止力と称してその後も核を増産し続け、武力が世界の秩序を作るという錯覚には「自国」の刹那の安寧は
    あるかも知れませんが「世界」の恒久的な平和は見えてきません。
     
    世界の指導者たちに、過去より未来へと、もっと地球規模の平和を考えてほしいものだと願います。
    それでなくとも地球温暖化で人類そのものの存亡が叫ばれている時代なのですからね。
     
    目立たなく咲いてるクチナシの花と香りがほんとうに救いでしたね。
     
    ちょっと長々しいことを書いてしまいました。コメントなのに自分のブログみたいになってごめんなさい。
    最後に、すずさんがブログを閉じてしまわれるのは残念です。ここだけですがいつもお二人の会話を楽しんで
    読ませてもらっていましたのに・・・。☆まるさんの場所をお借りしますが、ご機嫌よろしゅうに、また再開されるときは
    のらんちにも遊びに来てください。
    ではでは。。。。。
     
     
     

    いいね

  6. ◇の~らさん、いらっしゃいませ♪
    日本は、周りが海だからでしょうか、私たち国民は、ポーランドの方々ほど危機感をもっていませんね。
    奇しくも、自国の安寧はあたりまえで、何の努力をしなくても得られると思っている人が多いのでは?
    戦争の狂気や空虚さを身をもって感じた国だからこそ、今後尚更、「世界」の恒久的な平和を願って…..唱えなければ…..と感じます。
    のらさんのおっしゃるとおり、地球規模の平和を考えなければなりません。
    人々の思いが、丸~い地球、青い地球へと向きますように!!
    地球温暖化は、自然の摂理だと思わないで、私たちの手で出来ることがあれば・・・と、思います。
    季節が巡るたびに、くちなしの甘い香りが、その時その折、永遠に香りますように♪ 
     

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中