月夜のさりげない行事

バラ

.

衣替えの時となりました。

誰もが寝静まった夜、子供たちの冬の制服を用意しました。

騒がしい朝子供たちの目に入るように、洋ダンスの右端に並べました。

娘のセーラー服を手にとりました。

この行事も今年で仕納めね。。。って、袖を通しました。

肩を揺らして 「 ル~ンルン♪」

そおっと鏡をのぞきました。

ちょっと、無理があるかしら?

肩を揺らして 「 ル~ンルン♪」

あーイケルジャナイ!うん、こんな中学生いるかもしんない。

毎年この様に  ル~ンルン♪ 大幅に危ないおばさんでしょうか?????

今年もさりげなく行事をおこないました。恋する乙女は素敵でしょ!

えっ? はい、言い直します。

大幅に危ない行事をおこないました。昔の恋する乙女気分です!!!

はい!それでいいんでしょ。

どうかしら? う~~、どうかしら?

 .

 .

「 ときめいていたい・・・ 」 と言うと

「 不倫願望ですか?」 なぁ~んて言う人は放って置いて、深~く静かな恋をしてみたいわ♪

今夜の月は素敵です。

夜空に深く冴え渡る月に恋をしてしまいました。白い光の矢で射抜かれたようです。

えっ?それは恋じゃない?

いいんです。なんにせよ、ときめいていればいいんです。

「 おぉぉ~ぃ!水。」 と、夫が唸っています。

河川敷のいもたき会場から帰ってきて、やっと寝入ったはずなんですけどね。

・・・・恋のお相手はあなたじゃないんだけれど・・・・

とりあえず 「 は~い♪」

 .

満月

.
私の腕とデジカメでは、これがめぇ~一杯です。お許しくださ~い♪