月を観て想う

満月から新月に掛けての今夜の月を下弦の月というそうです。

  .
月を観て思う
.
自然の風景は、春夏秋冬様々な姿を見せてくれます。

田植え間も無い水田から、カエルの想像以上の騒がしい大合唱が聞こえたり。

垂れた稲穂の揺れる朝に洗濯物を慌しく干したその日の夕刻には、稲刈りを済ませた広い田を背景に洗濯物を取り込んだり。

最近、数件隣の老夫婦の庭が、雑草が覆い茂ったままになっていて、ご夫婦揃って体調でも崩されたのかと思ったり・・・。或いはお子様の元に行かれたのかしら・・・と思ったり。

私の予期せぬコトがたぁ~くさんの毎日です。

地上の具体的な変化は、見たとおり在るがままの姿とは言えなくて、展開が速くて奥が深いようです。

見上げる天空は、満月、下弦、三日月・・・と変化して様々な顔を見せてくれます。

ところが、月は本来真ん丸いのです。本来の天空は来る日も来る日も同じようです。

天空にも変化があるのでしょうけど、私には見えません。

地球上の生物は、私の知りえる時間で生と死を感じる事が出来ます。むしろ、地上は無に近づいているとさえ感じます。

ところが、天空の生と死は確認できません。宇宙の生は永遠なのでしょうか。

例え宇宙でも、誕生があれば、必ず消滅があるはずです。消滅のない誕生は有り得ないのですから。

すべてのものが無から生まれ、無へ還っていくのでしょうか。

宇宙の織り成す時間からすれば、私の知りえる時間はもちろん短いでしょう。

天空の星があくびをなさるとします。それはどれくらい長いのでしょうか。

百萬年?百億年?宇宙規模では、その期間が長いのか短いのかさえも解りません。

宇宙を含むこの世界が、もしどなたかの夢の中のできごとなら、目覚めれば、私たちは宇宙もろとも一瞬の屑になるのでしょうね。

無から無だとすると、存在の事実は何処にいくのでしょう。

どなたかの夢の中の私たち、どなたかの掌で踊る私たち、その時間や空間は、何故ココにあるのでしょう。

いやはや訳が判りません。この世も、そして、あの世のことも私には判らないわ……。

.

.

月は時折姿を隠します

.

月は、流れる雲の中に時折姿を隠します。

.