腕相撲

ウインク

我が家で、最近ひそかに流行していることがある。

「腕相撲をしよう。」

と、今夜も中学3年の次男が言ってきた。彼は、私にしか挑まない。

春は、余裕で私が勝った。

数日前、次男と少し張り合ったが、やはり私が勝った。

20歳の長男は、毎夜筋トレをしているので、ずっしりと重い腕をしている。

「お兄ちゃんの腕、結構すごいよね!」

と、妹達のひと言で調子づく長男は、毎回、公平な審判員となる。

さて今夜は・・・・・

夕食後、座敷で寝転がって向かい合った。

「レディーゴー!」

長男の掛け声で、はじまった。

次男、なかなか強くなっている。ムム、結構本気になった!

なんとか、私が勝った。

「もう1回。」 また 「もう一勝負!」

と、次男の申し入れで繰り返すけれど勝負は同じ。

「いかん。鍛え直してくる。」

と言って、次男は2階に上がってしまった。

その後、私も、私も・・・という事になって、娘達も私も楽しんだ。

あ~だ、こうだって言いながらバッタンバッタン始まった。

「あら~。うお~。」

私は、娘達より強い。長女と次女の勝敗はいろいろで、甲乙つけ難い。

こういった、みょうちきりんなものに夢中になる家族ってあるかしら?

尚も続く、

「う・・・・・・。」

「なんでぇ~?」

「肘の突く場所がこうで、身体が斜めだから・・・。」

「あっ?あっ、あーやられた~。だめかあ~。」

誰に向って言うわけでもなく叫びあって、つぶやいて・・・全員が無口になる時もある。

勝敗を気にしながらも不思議な連帯感が漂っている。

「こんなん、みんなで真剣にするかあ~~??」

と、長男は呆れながらも面白がっている。

私も、「まぁ~」って呆れるけど、

一緒に楽器を演奏をするなんていう高尚な家族でも無いし、みんなが一緒の家族旅行なんか、ついぞない。

これが共有の楽しみだなんて、「なんて小市民・・・」って思う。

散々の腕相撲の末

「よっしゃ!母さんやろ。」

と、退散したはずの次男が2階から降りてきた。

「あっははは、たった数分で鍛えれるわけないやん?!」

と、クスクス顔を見合わせる姉と妹にからかわれている。

私、危機。

・・・・・・・・・

次男に、まんまとしてやられた。

「やったぁ~~~!やったぁ~~~!母さんに勝った!!」

次男は、初勝利に超~、ご機嫌うるわしい!

ずるいぞ~! 持久力の無い母に勝ってなにが嬉しい! 息子の気が知れない。

「こんなことに燃えるのに、どうして英単語が覚えられないのかねぇ・・・。」

そんなこんなの時、父親は焼酎を飲みきって、リビングでうたた寝をしていた。

私はその後、兄妹の口喧嘩を聞きながら、台所の後片付けをし、周りが静かになったと思ったら、子供たちはそれぞれの部屋。

まっ! だいたい、こんな日を過ごしている。

バラ     プレゼント     バラ
.
.
秋だね~