黄葉が・・・

バラ

沿道の銀杏が綺麗に黄葉したなぁーと思ったのは、つい数日前のことだった。

朝の冷たい風に吹かれ、黄色く縮んだ葉っぱが飛んでゆく。歩道のマンホールの上に一枚、二枚と・・・。

それを観ていると、尚、寒さが身に沁みて淋しくなってくる。秋が終わっていくのを感じる。

来春の瑞々しい葉っぱを期待して、

「春には、元気良くお顔を出してね。」

と、呼びかけてみる。

岐路に立つ子供達にだぶらせているのかな~。

アルバイト先のショーウインドウには、ポインセチアが並んでいて、クリスマスツリーの電光が可愛く光っている。

ここは、ほんのり温かい。

歩道橋の袂にあり、往来する人影が視界にすぐ入る。

日中、車の騒音を聞きながら、真っ赤なポインセチアを見ている。

気ぜわしい年末なのに、なぜか落ち着いている。(笑

受付に座っていると職場の自動ドアの隙間から、時折冷たい風が吹き抜ける。

外で舞う黄葉のいたずらかしら?突然、その扉が開くこともある。

「いらっしゃいませ!」と言ってしまって、一人恥ずかしくなる。

お客様おいでませ。そうでないと、あれこれ考える事が増えてしまうよ。

星   ペロリ   LOVE   スマイル   星
.
.
銀杏並木