この広い空のように

僕が笑うと ちびちゃん達が笑う。

ちびちゃん達が笑って 妹が笑う。

妹が笑って 母さんも笑う。

みんなが笑って・・・

なんだか あの山よりも大きくなった気がするねぇ。

まるで この広~い空のようだね。


空・・・ひろいでしょ。ここで、子育てをしてきました。

こんな素敵な環境に居ながらも、迷う時期がありましたよ。

折角授かったこの命をどう育てたら良いか判らずに、子供と どう接してよいか判らずに、自己嫌悪に陥いりました。

ひょっとして精神的におかしかったかもしれません。

それに輪を掛け、育児や子育ては母親のすること!って考え方の家系でしたので、一人孤独になって、そんな悪循環にドンドンはまった時がありましたよ。

いくら子供が可愛いったって、一人で育児をするのって、とっても辛い事でした。子供と向き合うって大変なことなんですよ。

「お父さん!ただの同居人にならないで。」と、何度心の内で叫んだ事か・・・。

私の母が訪ねてくれるのを待ちわびて かなわぬ思いだと 泣いた時もあります。

私はちっとも手本にならず、どんなにハツラツと頑張ってみても、私の心は ふわふわ ゆらゆら 本当は頼りないのです。

全てに余裕が無く、安定や安らぎとか・・・安心を求める日々でした。

冒頭は、そんな時、いつものお散歩中、7歳の長男が畦道で言った なによりも嬉しい言葉でした。

子育てに自信の無い時に出会った子供の笑顔は、救われましたよぉ~☆”

あー、私もこの広い空のように…..☆” と♪

この広い空のように」への8件のフィードバック

  1.  たしかに、子どもが赤ちゃんの頃は色々悩みましたね。。。
    仕事柄子育てなんてお手のもの・・・なんて思われがちだけど、
    やはり自分の子の子育てには、他の人と同じように悩みましたよ。
     その時に救われたのは、実家の母と友人でしたね。
    すぐに仕事復帰したせいもあって、保育所にも救われました。
     今の園に通う子どもの保護者をみてると、ちょっとノイローゼや育児不安を
    抱える方が増えているようです。
     こんな私でも、力になれるようにできるだけコミュニケーションとるようにしています!

    いいね

  2. こんにちは(^<^)
    娘さんの笑顔、良いなぁ~・・・まるさんの愛情がこの笑顔を生んだのでしょう。
    子育てには人と人の繋がりが、大事だって事ですよね。ややもすると繋がりを
    避ける傾向が強い世の中だけど、頼り頼られる事がなければ、人は生きていけないはずです。
    人との繋がりは嫌で面倒な事も有るけど、得られるもの方が多いと思います。
     
    自慢する訳ではないけど、hama²は娘たちが子供の頃、意外にも面倒見が良かったそうです。
    少しは女房殿の力になっていたんでしょうね。hama²自身にはそんな記憶が無いのですが・・?
    21歳で親に成り、子育てに必死だったのでその頃の記憶が飛んでます(笑)
    子育ての時、社宅に入ってたので助かったとは、女房殿の言葉です。子供を育てるのは人の繋がり
    だと言う事を実感した言葉だと思います。
    まるさんのこの記事、世のお父さん方にも読んで欲しいですね。お母さんの気持ちが良くわかると
    思いますよ。
     
    ↓まるさんと息子さんのやり取り、羨ましいですよ。hama²はお袋と同居してますが、諸般の事情で
    まるさんの様な経験、全く無いですカナ─・゚・(´っω・。)・゚・─シィ…

    いいね

  3. コメントありがとうがざいます。
    長男が中学に入ってから、急に色んな事が起こって・・・
    父親が居ないせいかな・・と悩んだりしたけど、しっかり向き合っていかなければって思ってます!
     

    いいね

  4. ◇ 友湖さん ◇私も保育園の先生に、たぁ~くさん助けて頂きました。送迎のたび友湖さんと会えたら、悩むお母さんも さぞ気が晴れることでしょう。軽快な友湖節と豪快な笑い声が聞こえてきそうです。(笑
     

    いいね

  5. ◇ hama²さん ◇まー、それじゃ随分、お若いおじいちゃまですね。Hama²さんの優しいお人柄に助けられて、奥様は落ち着いて子育てができたことでしょう。そうですね。人との繋がりですね。
    臆病にならずに、子育て期間中は尚、胸を借りる気持ちで、人と繋がることですね。

    いいね

  6. ◇ サトさん★ ◇大丈夫ですよ。中学一年生の男の子は全般、不可思議物体ですから。悩むことはないんです。今後、ますますパワーが必要となりますから、明るい太陽の光を身体に貯えておきましょう。変な現象が見えても、自分が選んだ今を 息子さんを 信じましょうね。
     
    我が家の長男は現在21歳です。この人の反抗期は凄まじいものでした。 それは中学2年のいっときでしたが 「私の可愛い息子が・・・これが本当の姿じゃないよね。」 と、私、泣きましたよ。 実は、父親のいない時だけ大暴れをするのです。クロス壁を突き破り 拳の大きさの穴をいくつ作ったことか。 本棚を蹴り上げ 本が頭上から何度も落ちてきました。タオルは何度も引き裂かれ 見るも無残な姿になりました。 ただそれは、だんだん強くなる母親の期待に対する反抗であり、
    周囲との関わりや要求に、不安を募らせ 表現力が追いつけないという息子の苛立ちがそうさせていたのだと思います。 すっかり今では “ プレッシャーに強く物事のけじめのわかる人 ” に成長してくれたと心の内で賛嘆しております。 母親は、周囲をドキッとさせる事を無頓着にやってのけ子供と一緒に良く遊び そして 世間からちょっとズレタ気ままな方が、宜しいのではないかと・・・・・。
     

    いいね

  7. まるさま
    ずいぶんご無沙汰になってしまいました
    夏の苦手なボクは少々バテ気味でその上いろいろとありました
    まあボチボチとまたやっていきたいと思っております
    まるさんの強さいただきました
    ありがとうございます

    いいね

  8. ◇ jazzyさま ◇
    いろいろあるよね。
    Blogに訪ね、そのいろいろに真剣に向かうjazzyさんの心痛伝わりましたよ。
    私の強さ? 物事に真剣に向き合った後は、深くこだわらないところかな。。。
    無頓着を装うことが上手になったのかもしれません。
     

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中