なんて美しい処でしょう。

北京のオリンピックをが開催されました。
参加国は204カ国だそうです。
国力を感じる国から、国民数最少の国?、私の知らない…まだ見たことの無い国ばかり・・・。
その中には、
「なんて美しい処でしょう。」と、賛嘆してやまない国が多くあるのでしょうね。
 

「初恋のきた道」の監督チャンイーモさんは、素晴らしい開会式を演出しましたね。
私は、開会式を見入っていたはず?でしたが、午後10時ごろに眠ってしまいました。
最後まで見たかったのに・・・。

 
式を見ながら「初恋のきた道」の場面を思い出していました。
季節の移り変わりが目にしみる。観ているこちらが心洗われるような映画でした。
気持ちが暖まるような初恋。それでいて、心の芯から引き締まるエピソード。
それらが気持ちよく心に響いてきたのでした。
「なんて美しい処でしょう。」って・・・。
あーあ、心地よく寝入ってしまったわ。