あらためて

LOVE
親が子供に最後に教えることは、自分の身をもっての「人間の死」・・・。

今夜、Blogの友から教えていただきました。

心が引き締まりますね。

子供達は私の姿をみて何を学ぶというの?全く自信無いしぃ~~~。

私はどんな死に方をするのでしょう。

「良い人生だった。」

そうつぶやきたいですね。

.

私がBlogを始めた理由のひとつは、子供達に今の自分を残す為でした。

数年後は、子供達の銘々の進路で家系が火の車となるだろうから、日中の仕事+新聞配達をしようと心に決めていたからでした。

ところが先日、それを聞きつけた実の母が、哀願するかのように、「それだけはやめて頂戴!」と、泣いて泣いて・・・・・。

母は、私が新聞配達をしていた10数年、ゆっくり夜を過ごしたことが無く、ぐっすり眠っていなかったそうです。

雨が降っては共に冷たくなり、風が吹き込んでは重くなり、雷が鳴ってはドキッとし、雪が積もってはハラハラし、身も心も擦り減ったと言います。

感じていたものは、母も私も一緒だったようです。

交通事故を経験した私にとって新聞配達は、死と背中合わせの職なのです。

私は、なんて親不孝者なのでしょうね。

.

6年前、長年の睡眠不足で、私の心は疲れていました。

夫の何気ない言葉にいつも寂しさを感じてしまい、暖かいものを願い過ぎていました。

そんな生きる気力が萎えた時、朝の5時の薄明かりの中、私は新聞配達中交通事故に遭いました。

あと一部で配り終えるという瞬間、自転車とトラックの衝突事故でした。

私は左足首骨折と腰椎捻挫、全身打撲という軽傷で命を取り留めました。

3ヶ月の入院中、家事の負担は13歳の長女にどっぷりと のしかかり、家族は生活リズムが掴めなくて、皆、爆発寸前だったといいます。

私は、家庭の一切合財は、やはり私がいなきゃダメね!と

退院時はスラックスではなく、白いフレアースカートを着て堂々とロビーに立つことを目標にリハビリに専念しました。

.

今春は、ようやくハイヒールが履ける様になりましたよ。

今、生きていることを感謝して、自分から変わることを学び、素敵な空間をたくさん見つけました。

そうですね。改めて今後を見直すことにいたします。

これからの目標は、

「可愛いおばあちゃんになりましょう。」

今じゃないのよ! いずれ。いずれね♪

.

.

あらためて」への4件のフィードバック

  1. まるさんこんにちはandお久しぶりです(?)♪
    まるさんにそんな事があったとゎ・・・。
    人生ってなんか深いですよね。。。。。
    なんかまるさんは、元気いっぱいなので、
    おばあちゃんになっても心は若いおばあちゃんになりそうです(*ゝω・)b

    いいね

  2. ◇ haruちゃん ◇
    お久しぶり~い♪
    あら、、、恥ずかしぃ。。。
    haruちゃんは中学生よね!大人の事情が解る歳なのよねぇ。
    金銭的なことや、私の職場でのあれこれは、子供達には、さらりと流しています。
    haruちゃんの長~い人生も楽しみですよ。
    子育て….気を張って頑張ったてきたからね。
    うかうか出来ないくらい、エネルギーに満ち満ちた子供達だから。。。
    肝っ玉かあさんや、ずっしりした感じの私を想像していた?
    結構見た目、柔らかくって、キャシャで、おしゃれに気を使う人なんだよ…☆”
    これから磨きを掛けて・・・可愛くなるね♪
     

    いいね

  3. 神様が描いているシナリオを見ているような気がします。ご自分の意志ではどうにもできないシナリオ。でも、人は、自分がシナリオをつくるんだ!…と必至。それが、それぞれの生き方になって現われていそうですね。神のシナリオとは別のところで…ね。それで良いんだと思いました。だって、そうすることが授かった命に対する使命であるように思えるから。命を、尽きるまで燃やす!・・・これが命を授かったものの使命です。だけれども、その使命を果たそう…とするとき、気が付くことがりますよねぇ。そう、「人は独りでは寂しくて恋しくて生きられない!」病床におられるお父さんも同じ気持ちでいるんだと思いますよ。「みんなが居るから、自分は自分の使命を果たすことができる!」「嬉しいねぇ!」って。まるさんのお子さん方は、まるさんの生き方をお手本に、これからの生き方を決められて行くと思います。人って、何でもできそうに見えても、そんなに大それたことができるのではないみたいですよ。自分が見て体験したことをなぞりながら、自分らしい彩を添えて行くんです。まるさんのお子さんたちは、そん風にして、彼らにしか創れない人生を歩んで行かれるのだと思います。だから、まるさん、そのままの道しるべをつけて行ってください。それが「まるさんおばあちゃん」を可愛らしくさせてくれます、きっとね!そうそう、まるさんが入院されてた時、お姉さま(13才)もご家族も、爆発寸前ではなく、一気団結!っていう感じだったと思います。退院されて皆さん、ホント、嬉しかったと思いますよ。「私がしなくて誰がする!」なんてね・・・いろんな人の活力をもらって、可愛らしい年月を重ねてください。ドラマチックこそ人生!…なんて人ごとみたいに綴ってしまいました。ご容赦ください。我も大きくなりたいなぁ~!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中