虹色のメダル

 

北京でのオリンピックが終った。騒がしく賑やかで楽しい17日間だった。

フィナーレを飾る男子マラソンを見た。

金メダルを獲得したケニアのワンジル選手は、ゴールの瞬間 合掌をしていた。

謙虚な姿だった。まさしく金を抱くにふさわしい王者だ。

神様から頂いた天性なる姿?いえ、彼の純粋な精神と努力が神々しい姿にかえたようだ。

最後のランナーは日本の佐藤選手だった。

トップと30分以上空けられて、ラスト(76位)になっても、世界の架け橋を渡り通した。

完走することの意義を考えさせられた。

暑さのためにリタイヤをした選手が多い中、頑張り通した。苦しかったでしょうに…。

私は、目頭が熱くなりながら、その姿にエールを送った。

立派よ!

彼にメダルを贈るとしたら・・・虹色のメダル!

なお感激したことは、鳥の巣の観客は、彼を万雷の拍手で迎えてくれたことだった。

その拍手が、私の中に伝わって鳴り響いた。

「ありがとう」って世界中の人達に 無意識に合掌していた。

感謝、感謝!

オリンピックって、世界中が掌を合わせるってこと・・・かしら♪

 

今、夜半頃?明け方頃?

真上よりやや南東に傾いた処に明るく光る半月が見える。

8/17は満月だったから新月になるまでの下弦の月なのだろう。

雲の隙間からちらっと見えた月の姿は、これまた掌を合せたくなるような美しさだった。

この月は、下界の17日間をどう見ていたのかな。

星

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中