黄葉が舞います

沿道の銀杏が綺麗に黄葉しました。

歩道のマンホールの上に一枚、二枚と・・・風に吹かれ、黄色く縮んだ葉っぱが飛んできます。

秋が終わっていくのを感じます。寒さが身に沁みて淋しくなってきますね。

受付に座っていると職場の自動ドアから、時折冷たい風が吹き抜けます。ゴミが舞うたびその扉が開くのです。

「いらっしゃいませ!」と言ってしまった後、

「よろしかったら、ちょっとココに座ってお話しませんか?」

毎度、つぶやく私です。

 

銀杏並木

マンホール

大切にして・・・

『おい!お茶!風呂!めし!寝る!うるさい!』と、言われて生活して来ました。
夫は時おり、メッチャいけずな お人柄に変身し家族に攻撃してきます。
これまでの結婚生活、夫の思いが見えなくて・・・
「人生の伴侶なの?単なる子育て協力人なの?利害を共有するただの同居人なの?」
と、不安な時が多々ありました。孤独を何度も感じました。
大切にして・・・

夫不在の深夜、泥棒に入られたり。
高熱でひきつけそうな子供をタクシーで病院に連れて行ったり。
二次会三次会と称して来客を引き連れて夫が帰ってきて思わぬ時間に我が家が急遽宴会場になったり。
夫の手よりも医者や警察、タクシー運転手の存在が有り難かったことは事実です。
その反面、寝ている子供の頬を二人してつっつき合う瞬間に、夫を攻める想いは和らぐのでした。

それでも、
「老後は肩の荷を降ろし、共に楽しく過ごしましょう。」だなんて到底思えませんでした。
「さあ、子供が巣立った暁には!今に見てなさい!」
・・・なんだか悲しいでしょ。

ところが、ココ最近、夫婦間の空気が変わってきているのを感じます。
なんというか・・・空気が穏やかなのです。
私は、単純ですね♪
私のことを想ってくれていると感じただけなんですけど
嬉しくってる~んるん♪

~☆~・・・~☆~

黄葉の舞う日

自動ドアから吹き抜ける風が日ごとに冷たくなっています。窓の外は黄葉が舞っていました。

なんと夫が、職場まで迎えに来てくれたのです。私は助手席に座り、トラックの後ろに自転車を積んで帰りました。

運転している夫に、私は数々の質問をしてみました。

「やっぱり、ココは私の指定席?」

「どしたの?私のために車を出すなんて何十年ぶり?」

「忘年会が続くから?勝手なことをする前触れ・・・申し訳なく思っているの?」

夫はうるさがることも無く 『今日はいい夫婦の日じゃ。』 と一言。

私は 「お迎えありがとう」 と、しおらしくお礼を言ったのでした。

西も東も銀杏並木

確かに11月22日は「良い夫婦の日」。

これまでの積もり重なった私の想いはとてつもなく重いはずだったのに、積もった雪はす~っと溶けていきました。

一年に一度の「良い夫婦の日」は、夫婦でありがとうをする日なんですね。

残された時間を、素敵な貴方と素敵な私で過ごしたいから・・・、もう威張らないでね。

二人の仲をさらに深める方法は・・・

たまには二人きりで晩酌というのもなかなかオツなものでは?

晩酌をしながらゆっくりと語り合い・・・

毎夜お忙しいご様子なので、まだまだ叶わぬ夢のようですけれど

一緒に健康で長生きしましょうね♪

■   チューリップオレンジ チューリップ紫 チューリップピンク   ■

時は正に秋!

招待を受け両親も同伴して長~くバスに揺られ、京都へ行って来ました。

この一ヶ月間、スーパーの「トラベルプレゼントキャンペーン」の応募券に住所と氏名を書き続け、みごと当選したのでした。

当たり…..☆”に、ほぼ無縁の私だけど、これはどうだ!これは当たるでしょ!って・・・、意地になった運試しでした。

嵐山は平日だというのに、丁度、紅葉の時期と重なったので大勢な人出でした。

渡月橋や、静かな竹林の小路のそぞろ歩きに、以前から憧れていたのですが、残念なことに・・・騒がしい往来でした。

それでも、由緒ある神社や仏閣をなるべくゆっくりと眺めて、方や真紅、方や黄色と、紅葉の刻を楽しんできました。

西本願寺の銀杏と、天竜寺の楓、その美しさを比べることは出来ませんが、どちらも見頃でしたよ。

時は正に秋ですね!

肩を寄せ合う両親の背中を見ながら人の波に揺られ押され、私は、四色ソフトクリームを持って一人歩き・・・

いも、ほうじ茶、抹茶、バニラの美味に舌鼓♪・・・たまには良いものですね。

それにしても、遊ぶって、楽じゃありませんねぇ。。。

。(ρ.-)ネムイ。。。もう眠くなっちゃった。
画像は後ほど載せますね。お許しください。
.
嵐山

景気対策

オバマ氏が次期アメリカ大統領に選出されました。史上初の黒人大統領(正確にはハーフの方)です。

予備選を含め、とにかく長く感じました。出馬表明してから2年近く、全力疾走してきたでしょうに、疲れた様子は見受けませんね。

まだむしろ、今まで通り淡々としていて気どったところが無く誠実な人柄を感じさせます。

「新たなページをめくる時!」と訴えてきたオバマ氏ですが、これからどのような物語を歴史に記すのでしょうか?

金融危機の回復が急務ですし、イラク戦争終結に加え、イランや北朝鮮の核問題など外交懸案も難問ばかりです。

外交と、アメリカ経済、世界経済に対するオバマ氏の手腕を期待します。

人間の間には差別なんてあってはならないし、そもそもあるはずが無いのだから、健全で平和な世界になりますように!!

感慨深い私の誕生日を迎えました。

我が家の平和は、夫と共にこの手で守らなければと・・・。

ちっぽけでしょうが、我が家の家計事情、これを危機とするならば、今の代で清算しなければと・・・。景気対策を練るのでした。

考え中