お逮夜の法要まで

中秋の名月9/14、義父は78年の人生を終えました。

静かに眠る父のもとから、古い民家の並ぶ山端を通り、自転車で帰ってきました。

窓から漏れる家々の灯りが、前を行く夫の背中を照らします。 その背中はいつになく小さく丸く感じられました。

畦道に出ると、涼しい夜空に、丸いお月様が冴え渡っていました。

満月は次の日でしたが、私にはどこからどう眺めてもその月が真ん丸く見えました。

丸く静かな月夜でした。

中秋の名月と窓の灯り

 

次の日は、あいにくの雨を恵みの雨だと言いながら、真ん丸い月を思いながらの通夜ぶるまい・・・

父の生前のはなしがドンドン飛び交い賑やかな夜でした。線香の火をたやすことなく伽をしました。

 

さらに翌日、晴天となりました。

わからないことだらけの葬儀もわからないなりに執り行われ、 盛り沢山な思い出と共に 故人の旅立つ儀式が無事終わりました。

その帰り道、満ち満ちた月を観ました。

いずれも月夜の親族大集合!

中秋の満月

 

夫は、しばらく、心に…体に….力が入らなかったようです。

それでも、することはして、生活していかなければならない夫の気持ちを察します。

お逮夜の法要を済ませ帰る道々、夫の背中は、大きく丸くなりました。

 

宇宙の織り成す時間からすれば、夫の涙した時はとっても短い・・・。

私の知りえる時間からすれば宇宙規模は永遠・・・。まるで親の愛のように。

親の愛は永遠です。

お母さんの愛に守られていましたね。お父さんの愛に包まれていましたね。

それにやっと気付きました。

幸せは、結構身近にあるものです。

来年の中秋も親族大集合! 父の好きな日本酒を呑みながら楽しいお月見となりますように。

 

冷え込みますね。皆さま風など引かれませんように。

暖かく安心して眠れるところがあることを感謝しつつ・・・おやすみなさい。

.

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中