祭りの空じゃわ!

 

シルバーウイークの真っ最中の朝。 季節外れの記事とならないうちに・・・

洗濯物を干し終わり ブロック塀から真っ青な空を眺めていた。

「祭りの空じゃわ!」

思い切り深呼吸をする。

「美味しい空気!」

稲がほのかに秋色に染まりかけている。

いつものように稲〇氏が水田の見回りにやってきた。

犬走りに立つ私と、農道に立つ稲〇氏との会話が始まった。

「おはようございます。稲の調子はどうですか?」

『まぁまぁじゃのぉ。この調子で天候が良かったら、えんじゃけどの。』

「静かですねぇ。」

『そうでもなかろ。あっははは・・・。 まるさんの頭の中は、ドン  デン  ドン  .。o○ と、鳴りよんじゃろ。あっははははは・・・。』

「図星です。」 

 

稲、まあまあじゃの。  

 

濡れ縁にエビを干している。

我が家の夏の風物詩・・・今年は既に5回目。

秋のお彼岸に干しエビは、はじめての試み。

塩茹でして数日はとっても臭かった。編み籠をゆすりゆすり待っている。

はて?さて?

どんな按配かな?

夜露にあたっているから、どうかしら。。。

この時期に夏日か?と感じる暑さは、恵みの日差し。

ありがたや♪ありがたや♪

良い匂いになってきた。 

“ 干しえび & 缶ビール ” 濡れ縁で、空を見ながら、娘と祝宴する日を心待ちにして…☆”

編み籠をゆすりゆすり待っている。

合格するといいのにな。

娘の保母になる想いは、誰よりも強いはず。深いはず。

バカな親ねぇ。ホント、バカだわ。

 

干しエビ

 

あっ、やってきた。網の向こうにご来客。

 

網の向こうに

 

しらさぎが舞い降りてきた。

もう一羽、こちらにも降りてきた。

毎朝、このようにえさを求めて歩いている。

 

しらさぎ 

しらさぎ。

 

あー、静かね。

だけど、心は躍る。例の四拍子が鳴っている。

「  ドン  デン  ドン  .。o○ 」

と。