え~~~~~!結婚するぅ?

秋真っ盛り、最高の時季だ。

夫は、祭りが終わり運営委員として残された課題が多く、まだまだ本業に専念できないようだった。

私は、片づけがほぼ終わり法被のクリーニングの仕上がりを待つばかりになった。

祭り前に、やっと娘の採用試験の最終結果が出た。不合格だった。

数日たった今も夫婦は 気落ちしている。

『すまんの。』と何故か謝る夫。

『娘の為に何もしてあげられなかった。』と私。

多忙な夫と手持ち無沙汰な私は、長女のことをあれこれ話し合っていた。

娘は、
「保育士になる想いは強いけど、私には公務員になるという信念が足らんかったんよ。」

とか、
「二次の合格者5人で集団面接をした時、皆の気迫はそりゃ凄かったわ。」

とか、
「私に力が無かったんよ。これ以上心配せんといて。」

などと、私達夫婦の会話に一言、一言、添えていた。

私は気を取り直して振り袖姿の写真を眺め、

『これ、可愛い!この写真。』

『お父さん、これよこれ。昔でいう釣書に添える写真ってこんな感じかしら。ホントお見合い写真に良いわねぇ。』

「履歴書の心配から釣書?!もういい加減にして!夫婦で勝手に楽しんで!」

と、娘は呆れ顔。…と言うより怒っている。

そこへ、長男が、
「ワシ、結婚申し込んだ。受けてくれたけん来年結婚する。」
!』

家族皆、目が点。。。

一つ年下の彼女さんと付き合い始めて10ヶ月足らず。
「こんにちは。」『いらっしゃい。』
「おじゃましました。」『は~い。』

と、私は、玄関で数回挨拶を交わしただけ。

目が合うことがあってもそれ以上の会話をしたことが無い。夫は、まだ一度も会ったことが無い。

「先方のご両親に挨拶してきた。」

『まぁ~。私達は最後。どちらのお嬢様か、どんなお人柄なのか?全く知らんわ。』

機会は何度もあったのに、話し掛けんかった母さんが悪い。」

『まぁー。まぁー。まぁ〜~。』
『あなたの機転の無さを棚に上げて私が悪いって言うの。』
まだ若いから楽しく遊んでるって思ってたわ。あなたは、まだ22歳よ。早すぎるわ。』

まだまだ私の側に居てくれるって思ってたわ。気を落ち着かせて。

『あ、できちゃった婚?』

「ちがう。」

彼女さんにとってみれば、プロポーズは一生もんだから・・・感動している最中にケチをつけたら可哀想よね。

でも、でも、でも、息子に尋ねてみた。

『 他の展開は 考えられない? 』

「全くない。これしかない。」

夫に何か言ってもらおうと、顔を見た。夫は黙ってすっかり冷え切った茶を飲んでいた。

夫は家族皆の視線を感じたらしく一言。
『近く会う日をセッティングしろ。』

「観て学習しとこね。」

と、つぶやく次女の声が聞こえた。

隣でうなづく次男。

双子っちは、これまでの一部始終を冷静に見ていたようだった。

はてさて?何を学習するっていうの!

『結婚って、個人同士良ければ円満ってなもんじゃないのよ。親族と親族がつながるってことなのよ。』

『ご縁があれば 自然に導かれてまとまるものなのでしょう。』

と、私は自分の動揺を取り繕って、さも締め括ったかのように台所へ行った。

すれ違う長女に、

『あなたは、さき急いで結婚することより、自立することを考えようね。』

「はい。」

と、長女は返事良く、流れが変わってふふふっと嬉しそう。

お風呂の湯につかってユックリ考える。

気になることは山ほど・・・

先様は、こちらのことをどう思っていらっしゃるのかしら?

息子は全くロマンチストではないから、プロポーズどんなだったんだろう~。気の利く言葉、言えたかしら?

きっと直球だわ。あー、目に浮かぶわ。私の記憶を辿ってそう思う。

生意気なヤツだし、メンドイ奴だし、頑固オヤジ予備軍だよ。

彼女さん、この先 大変だろうな。

LOVE  イヤミ  LOVE

え~~~~~!結婚するぅ?」への6件のフィードバック

  1. おはようございます。長女さん残念だったですね。でも歩む道は一つだけではないので、新たな道を切り開いて行かれる事でしょう。早くに良いお仕事決まると良いですね。息子さんの爆弾発言!!!男はその位の方が良いと思います。決断力の無いのが今は多いから・・・何時までたってもお城を築けないよりは、はるかに男らしいですよ。一言言わせて貰えれば、一度決断した事は貫く気構えを持って欲しいって事です。頑固親父予備軍なら大丈夫でしょう。まるさんもこれから色々と大変でしょうが、頑固親父に対抗すべく、早目に彼女さんと連合軍作った方が良いと思いますよ。何はともあれ目出度いお話は、何時聞いても良い物です。

    いいね

  2. 我が娘は、最初は幼稚園の先生。その後、保育士の資格をとって、市の臨時職員。正規の職員になるため公務員試験を3回受けて、3回目に採用になりました。民間企業が不安定な状況にある中、どうしても正規の職員に・・・という願いがあったようです。今は元気に通ってます。直球勝負の息子さんは、結婚に辿り着くまでいろいろ勉強されることでしょう。そのうち魔球にさらされて、思案・・・。でも、直球勝負で良いんじゃないですか。

    いいね

  3. hama²さん♪連合軍ですかー。頑張りまっす。息子は、私に幾たびも爆弾を見せつけてきました。重ねるたびに、私は母親になったんでしょうね。肝が据わってきましたよ。

    いいね

  4. ねずみさん♪まぁー、そうだったんですか。努力を重ねて、実るお話し感激です。りっぱな娘さんですね。魔球にさらされて、思案・・・。笑いました。(爆笑生涯、人とのつながりも学習ですね。メンタル。メンタル。

    いいね

  5. とんびさんも頑固オヤジなんですね♪とんびさん、母親って、直球の息子が人生に勝利するよう祈り続けるしかありませんねぇ。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中