『ラスト プレイ』

月組トップスター・瀬奈じゅんさんの退団公演、『ラスト プレイ』を 観てきた。

私が新米過ぎるので・・・、興奮しているので・・・、古くからのファンの感想とは違うかもしれない。

けれど、思うがままを書き記しておく。

私にとって「瀬奈じゅん」は、初めて出逢った宝塚のトップスターだ。昨年、友人が引き合わせてくれた。

その後、かなみちゃんの退団で、相手役のいないトップスターを観ることになり、

新米の私にもトップ娘役の存在がどれほど大切かわかった。

可憐な娘役達が舞台の上で爽やかに艶やかに、そして、ふわふわと可愛く演じる舞台とは違った“ラスト プレイ”だった。

友人を虜にした最高で最後のエンターテイナーだった彼の最後のきらめきを観た。

「瀬奈じゅん」という存在がとてもピックアップされている舞台だった。

空気を埋め尽くしていた。爆発するパワーを持った人だった。

何を着てもカッコイイし、クールでいたほうが魅力的な彼が、退団後は、どんな女優に?どんな女性に?なるのだろう。。。

ホントに、さようならなんだと思うと。なんだか、きゅーっと・・・さびしくなった。

「ちゃんと見送らなきゃ。」と言いながら、友人は、泣いて泣いて。。。

友人は、ラッキーな事に神戸の映画館で千秋楽の模様をライブ中継するのが当たり、最後の男役「瀬奈じゅん」が観れる事となった。

めちゃめちゃ嬉しくて泣いていた。

明日は、泣かずにちゃんと麻子チャンを見送れたらいいね。

グラフィック1110

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中