おとうと

山田洋二監督の映画 『 おとうと 』 を観て来た。

「家族という厄介な・・・でも、切っても切れない絆の物語」と、予告にふれるたび関心が募っていた。

前評判通りの良い映画だった。

「お母さん、お世話になりました。」 始めの結婚式の控え室の場面から涙が出てきた。

吟子(吉永小百合さま)は、夫を早くに亡くし、女手ひとつで娘の小春(蒼井優さん)を育てていた。

エリート医師との結婚が決まった小春の結婚式に吟子の弟・鉄郎(笑福亭鶴瓶さん)が突然現れ、泥酔して披露宴を台無しにしてしまう。

鶴瓶さんがマイクを独占して「王将」を歌ったあげく大暴れするこの場面では、場内では薄っすらと笑い声が聞かれた。

ところがこんな笑いの一場面でさえ私には切なくて悲しくて・・・右手には絶えずハンカチを握っての鑑賞だった。

親子、兄妹、叔父と姪など、どちらの家庭にでもある話だ。ごくごく在り来たりな会話や振る舞いを見ているだけなのに何だか涙が出てくる。

バツイチになった小春が幼なじみで大工の亨(加瀬亮さん)と再婚する話に至る頃には1枚のハンカチがボトボトのボロボロになってしまった。

「バツイチになったことは君の人格にはなんも関係ないじゃないか。俺はそんなこと一度だって気にしたことないぞ。」と、亨の言葉。

私の娘も「男らしく、裏表の無いまっすぐな気持ちをもっている人」と出会いますように。

と・・・娘の幸せを願って、というより念じて、ハンカチをしっかり握っていた。

喧嘩したり、許したりを繰り返す家族に、いつかは必ず訪れる最期の別れ。

人は家族を看取るために生きなければならないんだね。その時「お疲れ様」って言えるかな。

突拍子もない言動やはちゃめちゃな現実の中で、家族だからこそ腹が立つし、家族だからこそ無条件で受け入れる深い絆があるんだなってことを感じることが出来た。

私にもたった一人の弟がいる。優秀で、可愛くて、幼少の頃から一身に親の愛を引き寄せる弟だった。

4歳年上の姉である私は、彼に心無いことを言った事がある。

「あなたの存在がねたましい。この世に居なかったら良いのに!」と、

その言葉が仇となって弟の人生を狂わしはしなかっただろうか?悔やんでも悔やみきれない。

あれほど優秀で模範的だった弟の歯車が少しずれて幸せから縁遠く見えるたび何度も心の中で詫びてきた。

姉ちゃんを許してください。もうとっくに許してくれているのかな。。。

年明けからあれやこれやと慌しくてなかなか映画館に行けなかった。

3月19日までの上映と気づき朝9時20分滑り込みセーフで、一日一本のこの一番を観ることができた。

一見に値する映画であったことを付記しておきましょう。

星星

おとうと」への4件のフィードバック

  1. (‘-‘*)オハヨ♪御座います。お元気そうですね(´▽`) ホッ「おとうと」私も観ましたよ。何気ないそれでいて複雑な家族関係の描き方が素晴らしいと思いました。今はどんな事が有っても、何処かで繋がってる漢族の絆が失われている時代に成ってます。親が子を。。。子が親を。。。等々。この映画は家族の絆の大切さを、何気なく伝えてくれてる良き作品だと思います。山田洋二監督の作品は家族や人のつながりを大切にしてるので、機会があれば見る様にしてます。チョット脱線しますが(*- -)(*_ _)ペコリ吟子(吉永小百合さん)の弟、鉄郎を演じてる笑福亭鶴瓶さんが、メチャ羨ましかったです(笑)追伸娘の双子ちゃんは一人の場合と同様にそれぞれ今の所順調に育ってますよ。なのでお腹がめちゃ重いと言ってます。

    いいね

  2. ◇hamaさん♪双子ちゃんの順調な成長、それは何よりです。ますますお腹の中で大きく育ちますように。プルンと産まれる頃は、子育て最良の気候となりますね。まさしく姉と弟の愛の物語でしたね。殿方が焼きもちを焼くのが解るような気がします。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中