真っ当?

海岸

垣生海岸

散歩から帰宅して、潮風の残り香を感じながら濡れ縁でコーヒーを飲む。

とっても美味しい。

さぁー、一日の始まりだ。

 

先日、転職の誘いがあったが丁重に断った。

「好きなようにせい。」と、一度は言っていた夫だったが、

「ワシは好かん!」と、夫は反対した。

『私を選んでくれた理由が 『まっとうだから』 だって。作文でそう思ってくれたんだって』と、伝えると

「真っ当には思えん。断れ。」と、言ったきり機嫌が悪くなった。

 

某社の就職試験は面接と適性検査、そして作文だった。

その作文の課題は、“私が大切にしていることを五つ箇条書きにし、一つ目の大切にしている理由を書きなさい。(心情でも物でも良い)”だった。

  1. 家族の健康
  2. 家族の和
  3. 夫の成功
  4. ・5. 今は思い浮かびません。

恐れ多くも、五つの中に“仕事”が思いつかなかった。“職場の和”も書くんだった。主婦はなっとらん!ってことになるわ。しまった~。

と、ペンを置いた後に気がつき・・・

静々と帰ったのだった。

 

なるほど・・・

今、与えられている課題“職場の和”をお座成りにしている私は、真っ当ではないよね。

女の子