そばに居られて幸せ♪?

 

宝塚花組トップ娘役・桜乃彩音ちゃんが、東京宝塚劇場(5月30日)での公演をもって退団しました。

実は、友人から誘いを受け、4月12日、宝塚市の宝塚大劇場で「虞美人」千秋楽を観劇することが出来ました。

日ごろ、友人が言っておりました。

真飛聖さんと桜乃彩音ちゃんは、他のトップコンビ以上に調和の取れた、宝塚一番の誇れるトップコンビよ!

お互いの深い想いが感じられ、幸せオーラをいっぱい放って、客席やファンへそれらを豊満に届けてくれるコンビは、他にはいない!

この退団公演を逃してはダメよ!この時代に生きててよかった~って思うから!

本当にその通りです。真飛聖さんと桜乃彩音ちゃんは綺麗で美しくて輝いていました。そして、幸せそうでした。

この二人だからこそ感じる、魅せられる雰囲気が、確かにあります。

彩乃かなみちゃんの魅力にはまり宝塚DVD観劇3年目の私にもそれを感じることができました。

最後のカーテンコールで、彩音ちゃんが涙をいっぱい浮かべて、

「ゆうさん(真飛聖さん)のおそばに居られてほんとうに、本当に幸せでした。」

と言いました。

最後のデュエットの白い衣装を纏った真飛さんが袴姿の彩音ちゃんの肩を両手で抱いて、頬をよせてにっこり笑いました。

もう目の前が霞んで見えなくなったけれど・・・

純白のひかりに包まれた二人のやさしい笑顔が目に焼き付いています。

 

すべては演技の世界。架空の世界。つくりもの。

どんなときでも、幸せな笑顔といっぱいの嘘をつく。

ところが、宝塚の美しさは偽りではありません。美しい嘘は幸せな夢。生活の糧。

私は自分の舞台で深い思いやりと幸せを演じきることが出来るでしょうか?

私の千秋楽は、子供たちの心にどのように残るでしょうか?

 

コーヒー

天気は最高に良し!

ただいま~。

たった今、帰ってきました。

私のお別れ会でした。

私の為に皆様の大切な時間を戴き申し訳なく思います。

常富寿司の料理は美味しく文句のつけようもありません。

なにより、皆の飛び交う笑顔と会話が会を最高に盛り立ててくれました。

次回の宴もこの面々で・・・と、錯覚するほど。

自分のお別れ会なのだと我に返って、ちょっと胸が苦しくなりました。

暖かいおもてなしにお礼を申し上げます。

お陰さまで、ほろ酔い気分です。

先ほど戴いたダリアとバラの花束を眺めています。

落ち着いた配色です。

ちょっと飲みすぎかな? すぐに眠りについてしまいそう。。。

ダリアとバラ

職場は、良いメンバーに恵まれ、気晴らしの場でした。

教室は財産です。今治と新居浜の各先生の協力なくしては、絶対に成立しません。

私は事務職という立場から先生方のお手伝いをすることが大好きでした。

仕事に仕えると言うよりも・・・余興のごとく思いっきり励むことが出来ました。

はい、まさしくエンターテインメント♪

今後は事務員不在・・・そんな・・・私の退職でこんなことになるなんて・・・。

愛媛を一手に引き受けることになった松山事務員さんのこれからの苦労は、如何許りでしょう。

引き継ぎは無く、片付けばかりの退社は寂しいものです。

天気は最高に良し!

ショップ横の歩道橋から見る新居浜の景色は最高に綺麗だったことを追記しておきましょう。

バラ

北の空

 

今すぐ、北の空を見てください。

星と 三日月です。

とっても、綺麗だよ。(*^O^*)/

 

三日月

 

晴天の下、地区運動会の百足競争と綱引きに出場し、

お風呂から出てまもなく、すっかり眠り込んでいました。

「めし~!」

の声で目が覚めて、慌てて晩ご飯をこしらえました。

まぁ~、うっかりしてました♪洗濯物を取り込まなくっちゃ。

あっ!一番星、見~つけた。

あら!何か浮かんでる?魔女の箒の毛先?

いいぇ、

三日月ですよ。

今、ゆっくりとした時間が流れています。

夜

実りますように

 

6月上旬に雇用契約が満了となります。

次期更新の予定は無く退社願いを出しています。

日が長くなりましたね。

夕刻の晴れた空を見ていると何処からと無く、カラスが甲高く鳴いていました。

私も疳高~く泣きたい気分だけどな~。

鳥のようには鳴けないな。赤ん坊のように泣けないな。

なんとかなるかな。

不安は一杯なんだけどな。

ちょっと前、お誘いがあった時、転職しておけば良かったかな?

いえいえ、急ぐことはありません。最後まで尽くさなければ!

立つ鳥跡を濁さずと言います。

真心を込めてお片づけいたします。

 

ミニトマト植えました。 

ミニトマトの苗を植えました。

ちょっと遅いかな?

真っ赤に実りますように。

たぁ~くさん実りますように。

音楽   バラ   スマイル

母の日に想う

母の日に長女がトトロの花車を届けてくれました。

娘から  トトロの花車

高価なお返しは用意してあげられないけれど、そのお礼に、

「可愛い女性」

この言葉を貴女に贈ります。

人、物、事を謙虚に受けて、多くの人に物に事に愛されますように。

この言葉をご笑納くださいませ。

いまの時代、女性の生き方は様々だけれど、素敵な生き方ってどんな生き方でしょう。

容姿の美しさには拘りません。それより

活気があり、品があり、知的で社会に積極的に関わろうとする姿勢、自分の責任において行動し、何があっても他人の責任にしない人。しっかり自分を表現できる人。

そんな女性となってくれることを母が望んでいることを覚えていてね。

そんな素敵な生き方をしている女性を形容する言葉を捜しました。

「潔い女」「ハンサムな女」「凛とした女」

現実、どれも私の形容にはなりません。はい、ほど遠いですね。

自分の事は棚に上げて

このステキな言葉が、我が家の娘達にぴったり当てはまる日を想像します。

かわいいだけじゃなく、「凛とした女性」この言葉を娘に贈れる時を自分も磨きを掛けて待っています。

娘の口から園児の可愛いお話が、ぽろり、ぽろりと出てくるたびに母は安心しています。

皆様のお力で、先生として育っているのね♪

これからも園児達のかわいいエピソードを聞かせてね。楽しみにしています♪

あっ、それと、  この日は・・・

船木産しいたけ

船木産のしいたけを有り難くいただきました。

プレゼント