家庭婦人の一日

良いことが続いています。

『家庭婦人』と題する私のメールを見た友人が、有休をとって遊びに来ました。

布団を干したまま、職業婦人とマイントピアまでドライブをしました。

数週間前はこの地で芍薬祭りがあり、大変賑わったそうです。

満開に咲き誇る芍薬がこの斜面に….、この敷地に….、

さぞ見事だったことでしょう。

まだ数十本、芍薬が綺麗に咲いていました。

私の腕ではその美しさをはっきり撮れませんが、一輪一輪が大きくて華やかで綺麗です。

P1040093P1040096

P1040095

食事をして、敷地内を歩いたり立ち止まったり、3時間ほどゆるゆると楽しみました。

山は静かです。5月の新緑から深い緑に変わりつつあり、ふさふさと茂っています。本当に、きれいな山です。

山の奥を目で辿り首が痛くなるほど空を眺めました。

「この山を観ていると、梅雨入りが近いのを感じるね。」

と、友人が鼻をピクピクさせながら言いました。

目と鼻で分かるのかな?

不思議です。分かるらしいです。。。

P1040103 P1040101

雷の音にびっくりして、慌てて山を下りました。

ところがふもとは、まだまだ布団干し日和の最高の天気でした。

車