てごに出ました

暇さえあれば『 眠た~い!』とつぶやいている私です。

田んぼの準備が進んでいます。

朝から耕運機の音が賑やかでした。

『これじゃ、昼寝にならないわね。』

「おい、ぶらぶらするのもエエけど、ちぃと てご(手伝い)してくれや。」

と、夫に頼まれました。

夏びよりの空の下、夫の仕事を手伝いました。

現場は、田んぼに囲まれた住宅地、丹原でした。

太陽がこれまた近い!ホント近く感じられます。

大きな荷をトラックから下ろし、順序を考えながらカッターで梱包を次々ほどき、

脚立に上がったり下りたり、穴を掘ったり、セメンを練ったり、インパクトを差し出したり・・・

私は、すっかり干からびてしまいました。

『帰るぅ~~~。』と、言い出せず。。。

トラック一台で一時間掛けて来たんだもの。先に一人、どうやって帰るのよ・・・。あー、耐え難い!!!

「おい!しゃんしゃん動けや!せっかく来とんじゃけん。しっかりてごせえや。そうじゃ!もうひとつのインパクト出して締めてってくれ。」

『いや。それはしたくない。』

私の答えは分かっていたらしく、あっさり諦めて、

「やっぱり、Bじゃのう。」

と、夫から久しぶりの言葉を聞きました。

『B型のどこが悪いのよ。嫌なことはイヤで何がいけないの。私は職人じゃないわ。こんな気の利く可愛い嫁さん、どこばりおらんよ!!』

と、数年前まで良く言い返していましたけれど、今日は流すことにしました。

「重たいもんは鉛筆じゃけん。」という理由で、夫が大手企業を退職して二十年近くになります。

その後、体力勝負のこの仕事を頑張ってくれています。

私は十数年、育児をしながら夫のてごと新聞配達をしていました。

末の子が小学高学年になった頃、

『てごは、私のしたい仕事じゃないの。』と、友人からの誘いを機に事務職へと変わりました。

その後、諸事情があるにせよ、私はころころ転職し、一つのことを頑張り通す難しさを痛感しています。

旧東予市にある仕入れ業者へ、ご挨拶を兼ね部材の注文に立ち寄りました。

その門の数百メートル手前には、長い紫陽花の通りがあります。

トラックの窓を開け風を受けながら、まだ咲ききっていない紫陽花を眺めました。

あじさい通り

私は力無くトラックの助手席に座り無言で帰ってきました。

数反、田植えが済んでいました。

水をたたえた田んぼの夕刻の風景が素敵でした。

水の入った田んぼ

今年の梅雨は、豪雨ではなく普通ぅに雨が降りますように。。。

私、はやく適職を見つけなきゃ。真夏のてごは、まっぴらごめんよ。

LOVE音楽