薄紫の花

小さな庭に薄紫の花が咲きました。

ムラサキクンシラン

ムラサキクンシラン

庭に植えっぱなしでもよく育ちます。

いくつかの花が放射状につき、全体が球形に見えます。

塀からひょっこり顔を出した様子は、私の帰りを待っててくれたの?

と思ったりして・・・、笑みが浮かびます。

大切な花です。

懐かしい人を思い出す花でもあります。

お帰りなさい。と出迎えてくれます。

子育てに追われていた頃、

「孫がお世話になりよります。よいよ、申し訳ない。」

と、老婆がこの花の株を持ってきてくれました。

その孫とは、ひろみ氏のこと・・・

風貌は、ガタイが良く強面(コワオモテ)。内面は照れ屋でとても一途。

「おるか!」

と大きい声で、不意に現れ続け、招かざる客から必然的に招き客となった憎めないおっちゃんです。

ソフトボールチームのピッチャーであり、夫の呑み友達でした。

毎晩、我が家に出向いてくれるので、子供たちとも仲良しでした。

彼は、4人の子供たちの小便のお漏らしを各時期 目撃しています。

花の名前はわかりませんが、鳥端を散歩すると同じ花をよく見受けます。

ひろみ氏のおばあちゃんが、ここにも、あそこにも・・・

孫への思いが、こちらにも、あちらにも・・・

と、思ってしまいます。

ひろみ氏の訃報は、私の誕生日でした。彼が亡くなって何年になるかな?10年過ぎたかしら?

数ヶ月の闘病中に入院先から何度か電話を受けました。

亡くなる二日前のこと。

すすり泣く電話を貰って、、、彼の言葉を超えた、言い尽くせない「生きたい」思いを感じ、一緒に肩を震わせて泣きました。

私は初めて、人の苦しみや悲しみを自分のことよりも深く感じました。

アガパンサス ムラサキクンシラン

(おかげ様で、この花の名前がようやくわかりました。アガパンサス。和名:ムラサキクンシランです。)