よさこい祭り

あぁ・・・、ものすごく楽しかった!

半日、娘の追っかけをして高知のよさこい祭りを満喫しました。

我が家には、この夏たったひとつの そして、最大級の予定行事でした。

熱くて明るくて楽しくて、艶やかで激しくて、それでいてなんというか、、、実に素朴で庶民っぽいお祭りでした。

「よさこい祭り」は“夜さ来い”という意味があるらしく、基本的に気軽に集いやすいようです。

それが影響してか街を練り歩く踊り子と観客の距離が近くて、物理的にも心理的にもイイ感じ。

この距離感が楽しさを倍増させているのでしょう。

進行の緩さに戸惑いながら娘と連絡を取り合い「ブロンズ連」を追っかけました。

自家用車の移動は絶えず渋滞で、やっと昼過ぎに駅前で運良く遭遇し、

そして夕刻、桟敷席のある追手筋会場へ・・・

大音響で耳が痛い!

色とりどりのチームたちの美しいこと!!

どのチームも熱い!

和風はもちろんのこと ヒップホップやタンゴなど様々なジャンルのよさこい踊りを見ることができました。

最後の帯屋町演舞場では、夜6時くらいから2時間ほど踊る娘を追いかけました。

長いアーケードがちょうど雨避けになり、観るには最高の場所でした。

土砂降りの雨音を掻き消す大音響の中、間近に娘を感じ歩きました。

いい加減長い道のりでした。

「後、どんだけなん。。。」って思いながら、娘のパワーに感心して歩き続けました。

夜の照明に照らされた娘は、満面の笑みで激しく舞い続けとっても楽しそうでした。

鰹の塩のたたき、昔ながらのたたき、うつぼの刺身、鯨のベーコンなどなど・・・・

高知でのお食事も最高だったことを付記しておきましょう。

娘

ブロンズ連

歓喜

虹の架け橋

数日前の夕刻、ぽっつり、ぽっつりと・・・ほのかに雨が振ったとき、

「今、虹が出ています。まるで会社とあなたをつなぐ架け橋のようです。もう、安心。まもなく私の役目が終わります。」

と、洗車に向かっていた職場の指導者(前任者)がメールで知らせてくれました。

下界の騒がしさに振り回されている私がメールに気付いたのは、晩御飯の片づけが終わった後でした。

安心だなんて・・・暗示に掛けられてる?責任感じるわ。

それでも、天に昇るほど嬉しいことでした。

虹

国会討論にしても、結婚式の祝辞にしても、簡単な話しぶりはどちらさまも大好きでしょ。。。

前任者(引継ぎ指導者)は、退職期日が迫るなか、仕事の流れと詳細な事務処理を明解に教えてくれます。

私は、彼女の歯切れの良い話しぶりが好きです。

白黒をはっきりと判る話し方に好感が持てます。良い仕事の流れをつくっています。

彼女の職場の方々への愛を感じますし、仕事への愛着も感じます。

この思いを受け継いで、彼女の足跡を大切にしましょう! と、つくづく思います。

川の流れは清水ばかりではありません。時折、心が折れそうになります。

私は、一度や二度の淀みで甲乙を付けるつもりはありません。

「はい。」と、 天然を売りに にっこり♪頑張っています。

友人からお祝いメールが届きました。

『頑張れ~♪ 前進してたら、宝箱が増えるからね。』

はい、本当にそうですよね。頑張るからね~~~。

淀んだ水も 視点を変えれば 有り難い水になるかもしれません。

 

・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。・*:..。o○☆*゚¨゚゚・*:..。

仰天

 

我が家に、愛媛新聞の記者が二人来ました。夫は、祭りについての取材を受けました。

その女性記者は、賢い文面を書かれる方です。日ごろ、感心していました。

今回、どのような記事を書くのか楽しみです。

びっくりぎょうてんびっくり

パソコン

暑気払い

最近は、気温が35度を越すことが当たり前になってきています。

毎日うだるような暑い日が続きますね。

早朝、庭の草花に水を与えていると 東面、南面の窓によしずが掛かっていることに気づきました。

毎年いつの間にか、夫は何も言わずに準備をしてくれます。

「暑気払い」とか・・・理屈を付けて飲み食いが続いているから、そのお詫びかしら?

まっ、許してあげましょう。

家庭を思っての暑気払い、ありがとうございます。

ほおづき

今日も朝から自転車に乗り、きらきらと夏の光を受けました!

夕刻、折り返すアスファルトの道は、おもいっきり太陽光を吸収していました。

家事と仕事を両立した週末に、友と語らいながら沢山食べて、程よく流し込むビールの美味さ♪

あー、たまりませんね。

今これに代えられるものは・・・ちょっとありません。

みなさま~、暑気払いと称してそろそろ行きましょか!!!

晴れ