スズキ

休日の昼食を終えた昼下がり、自転車でイオンへ向かいました。
黄葉を楽しみながら市役所通りを走りました。
風を受け銀杏の並木を次々超えていきます。
視界に広がる黄葉が、とても有意義な一日かのような心持ちにさせてくれました。

立ち寄った“もち吉”で目を真っ赤に腫らした友人に会いました。
明日は息子さんの四十九日の法要ということで、お供え物を買い求めに来たそうです。
21歳の早過ぎる他界でした。
寄り添う娘さんの話では、兄の話をしては毎日幾度も泣いているのだと言います。

・・・・・・・・

心よりご冥福をお祈りします。
彼女の心は限界いっぱいなのでしょう。
ご自分を責めないで下さいね。
明るいほうへ 明るいほうへ
夕刻、
息子が、69cmのスズキを釣り、超~ご機嫌で帰ってきました。
風が強い中、諦めて帰ろうとした寸前に釣り上げたそうです。
グイグイ、すっごい手応えだったそうです。
「母さん、拳骨がすっぽり入るよ。」
『あら、本当大きいね!鯉のぼりの口みたい。鯉のぼりの原型ってスズキだったのかも知れんね。』
「スズキは出世魚で縁起のよい魚なんよ。」(成長に伴って出世をするように名前が変わる魚)
と、嬉しそうに説明しながら調理する息子です。
息子の有意義な一日を思い。
出世魚のごとく?未来ある姿に感謝して
また、涙する私です。

スズキを釣ってきました。大きいお口! ほら!拳骨が入るよ。

『食べて、祈って、恋をして』

生き方がぶれずに、悩まない・・・

そんな人は、なかなか居ないでしょ。

人生の壁にぶつかった時、人はどうやってそれを乗り越えるのかな?

強引に乗り越えようとするか

あきらめて、壁の前で安住を決め込むか

新たな自分を見つけるか。。。

私が思うに・・・

無理せず自分に素直になることが一番かな。。。

9月下旬に観た映画『食べて、祈って、恋をして』

この映画は、賢くて元気で美しい女性の浮世を離れたおとぎ話です。

自分の悩み解決とはいかないけれど軽やかな時を過ごせました。

ジュリア・ロバーツが演じるリズはとってもアクティブで魅力的な女性です。

なんか、ちょっと忙しそうだったけど、

働く女性の体験記の一例として面白かったです。

それにしても、一年間の海外旅行とは羨ましい。

私はこういう旅は一生できないでしょうねぇ。

イタリアでの美味しいものの食べ過ぎは、身につまされましたよ。

私も好きな物を食べる時、メタボを気にして罪悪感に苛まれますが、

こんなに美味しそうに次から次へと食されると安心しちゃいました。

ウエストのボタンを無理やり止めるところ、思わず笑ってしまったわ。

バリ島での周りの人の助言がGoodでした♪

「辛い思いは、努力した証拠だ。」という台詞に救われました。

鑑賞後、壁にぶつかった時の対処方法を探していますが、自分にピツタリの一生の答えがみつかりません。

ただ、短いスタンスを前提に選んでみました。

自分が今、大切にしなければならないことは・・・『継続』。

その後、10月は二本の映画を観ています。

二宮和也くん主演の男女逆転『大奥』。

そして、

愛する人と結ばれることが許されなかった時代のお話『雷桜』。

蒼井優ちゃんの切ない表情と岡田将生くんの「遊(ゆう~)!」の叫びが胸に響きました。

ごめんなさい

 

「お世話になります。」

と、

今朝、会長が言葉を掛けてくれました。

『こちらこそ』

と、私はポカン?

もったいないお言葉と思いながら・・・ 

不思議なことに、私の積念がスーっと消えました。

全てを癒してくれました。

仕事を楽しむ余裕が出来そうです。

私、今まで会長をほめて無かったです。ごめんなさい。

 

一ヶ月前から、下記の思いをBlogに下書きをして寝かせていました。

 

私をほめてください。

私はみんなにほめてもらって、かっこいい事務員さんになりたいんです。  

有頂天になると、結構、重宝な人なんですよ。

 

私は、自分が人の何倍も何倍も頑張っていると思っているから、、、そこが怖いのよ。

結果が見えてこなければ、認めてもらえなければ、終いには

『こんなもん。やってらんない!!』

って、放り投げるかもしれません。

 

この歳になってもほめてもらいたいなんて私はまだまだ未熟です。

私はこれだけは守ろうと思います。

“子ども達が社会に出て、

上司にこんな言われ方をされたらいやだなあって思うことは決してしないこと!! ”

 

 

私の想いが伝わったのかしら?

おとろしや。。。

未払費用と仕掛工事の数字がようやく出ました。

決算報告まであと一歩です。

 

流れる川は清水でありますように。

 

忍耐と努力

 

だんだん、気持ちがわかるような気がするけれど、あの言葉はやっぱりだめだったよ。

私は時折、悔しくて悲しくなる。

3度の電話で私に言った言葉。。。

キックされて、パンチがきて、投げ飛ばされた気がしたよ。

「息子へ代表者交代と言うお祝いの日(9/30)に、あなたは社有車で事故を起こした。反省しているのかね。」

『反省しております。申し訳ありません。』

(あの道を通るんじゃなかった。全面的に相手の不注意だった。災難と波長が合うなんて・・・心持ち新たに!)

その数秒後に、

「家内念願の日にあなたは汚点を残したんだよ。家内と上手く付き合えないなら今後考えがあるから。」

『奥様が私のことをどのように?それは首と言うことですね。』

(奥様が?信じられない)

また数秒後に、

「どの職も長く勤まらなかったあなたを雇ってあげたのだから、これから頑張ってね。」

『はい。』

(ご存じないなんてお気の毒!私は、どの職場でも重宝されたわ。語尾が可愛いので思わず「はい」って言っちゃった。)

 

それ以来、この一ヶ月あまり、

忍耐と努力、限界への挑戦!

 

 

  ◇追記:事故に遭い思ったこと。

はっきり理解ができないときには、ごめんなさいなんて決して言ってはならない。

人の災難を一身に背負ってしまわないためにも、

瞬時に自分のせいかもしれないなんて思ってはいけない。

 

珈琲で一息ほっ○

 

朝の雨の冷たさとは打って変わって、日中は気温が20度以上もあり、久しぶりに気持ちの良い小春日和でした。

午前中は、

工事実績データをコリンズへ登録、CIWEBの見積回答と出来高報告の送信、e-Netで西日本建設保証へ前払金払出申込み、工事の見積書の作成、工事写真のアルバム作成をしました。

その後、

会社の軽四自動車でドライブ・・・ってな調子は縁遠く、

帰ったらあれもしなきゃ、これもしなきゃ。

と思っているので車の窓を明けて走る余裕も無く、午後からの仕事内容と時間配分を気にしながらの移動でした。

元受へ施工報告書を届け、

登記の証明書をとりに法務局へ、諸届出のため市役所の市民課、契約課、下水道管理課へと

市役所内の御用を小走りで済ませ、

申請手続きと入金に水道局へ行き、

銀行で所要を済ませ、

帰り際に、アスクルで注文し忘れた文具を文具店で購入し帰社しました。

食事を摂るだけの昼が終わり、

午後からは予定通りのご来客があり、珈琲をお淹れし・・・。

あっぷ、あっぷ、、、胸が苦しい~~~。

最近、身体中に疲れが溜まっている感じです。

珈琲で一息入れて  

ほっ。o〇

奥様見立ての来客用の珈琲が美味しい♪

コーヒー