星を眺めて

星を眺めて・・・

職場の愚痴を友人に漏らしたばかりの自分を責めてしまいました。

映画「十三人の刺客」を公開初日(9/25)に観た友人が、「まるちゃんは観んほうがええわ。かなりグロいけん。」

と、当初言っていたのに、

「やっぱり観たほうがええよ。アホくさくなるほどの超バカ殿なんよ。」

と、今夜は言いました。いったいドッチなんよ。

「血と縦の流れと恩義を重んじる武士の世界。主君に仕えて仕えて、仕え倒してこそ男子の本懐。サラリーマンは、まさに武家社会の縮図よ。」

と、熱烈な話になりました。

そっか~。。。

現況(今の職場)、バカ殿に仕えているとは、思えません。

職探しの最中に「何方かに仕えたい」と言っていた私には、もったいないほどのお方。

もう少し頑張ろかー

って、思うのでした。

いよいよ、明るい星の多い冬の訪れですね。

星を眺めて」への2件のフィードバック

  1. こんばんは(^^)
    そちらだと夜空に沢山の星が見えるんでしょうね。
    相模の国は空が明るすぎて、見える星の数、数えられますよ。
    一番多く見えるのは日の出前1時間位の時です。
    今はサラリーマンと武家社会は一致しませんね。終身雇用も実質崩壊ですし・・・寂しい事ですが、お給料の為に働くと割り切る方が良いのかなぁ~と思ってしまいます。

    いいね

    • 空が明るい?
      同じ国なのに、数時間移動するだけで眺めも変わるんですね。

      予告も話題性もあった「13人の刺客」を見過ごしてしまいました。
      サラリーマンと武家社会の一致は、もはや、高度成長期の頃のことでしょうか。。。
      どちらかと言えば古い形の私は、忠誠心について考えさせられます。
      あらあら、映画は楽しく見ればいいのにねぇー。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中