恋の火花・・・って?

 

私はちょっとお堅いのよね。。。

 

隣の席のポニーテールちゃんは、入社して7ヶ月目で退職宣言をした。

仕事や家庭に向かう姿勢は、明らかに私とは異なっていた。

結局、同じ目標をみつけ出せないままだった。

Aの出来事を人に伝える際にA´になるのは、判らなくも無い。

ところが彼女は、Aの話をDに、または、とんでもないZの内容に変換させることがあるトンチンカンな人だった。

私以外の人に調子良く会話をし最高に感じの良い対応をする彼女が、私に毒を吐く姿は子供の反抗に似ていた。

この七変化は何?

彼女は、私を信頼しているからこそ甘えているの?

我が子の反抗に心が折れそうになる時は、「これって、信頼されているからよ。甘えているのよ。」って、そう思い込んで流してきた。

そのように思ってみるけれど、どんなに譲歩しても平静でいることは難しかった。

ただただ、彼女の人格が定着するのを待っていた。

数字やPC,が不得意な彼女には、努力で補えないほど沢山のストレスがあったのかもしれない。

退職が近づくこの頃、彼女のミスは目立ち、不思議と・・・人格は定着しつつある。

 

歓談とまでは言えないけれど、あれこれ彼女の話に耳を傾ける時、人を知る勉強となった。

彼女から得ることは多々あった。

彼女が部材を手渡す折、静電気がおきたらしい工務課の社員へ

「恋の火花が散りましたねぇ。」

と言った、ほほ笑ましい彼女の冗句を書き残しておきましょう。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中