お月様のお便り

 

お月様のお便りは いつか必ず届きます

手紙を持ってうさぎが いつ訪ねてもいいように

長~く愛し続けましょう

ドキドキ

 

中秋の名月

キラキラ

真ん丸の「中秋の名月」です。

眩しいほどに輝いて、地上を明るく照らしてくれます。

 

幼少のころから、中秋の名月に食べ物をお供えすることを見覚えてきました。

祖母は、月に感謝の意を込めて、すすき、団子、水、収穫された作物などをお供えしていました。

なかでも、爪楊枝や割り箸を刺して手足に見立てたナスの牛、キュウリの馬は心暖まる思い出となっています。

ついに祖母に理由を訊ねることは無いままでしたが、何故、動物に見立てるのでしょう?

これも一つのお作法なのでしょうか?

畑から牛と馬に見えるようなキュウリとナスをあれこれ選び三方に並べてお供えをする祖母の姿は、とっても楽しそうでした。

風流な遊び心に今もなお感心しています。

なんでも理屈で考えてしまいがちな現代だからこそ、こうした心暖まるほのぼのとした作法を守っていきたいものです。

家族みんなの実りある幸せを感謝して、ちょっと変わったな呪文も教わりました。

 

「お月様のお便りは いつか必ず届きます。手紙を持ってうさぎが いつ訪ねてもいいように 長~く愛し続けましょう。」

と今夜、私は、呪文を唱えるのでした。

祖母のやさしい気持ちから考え出した言葉は、地味な生き方と心の持ち方の大切さを気づかせてくれました。

ドキドキ

お月様のお便り」への2件のフィードバック

  1. (‘-‘*)オハヨ♪ございます。
    月をユックリ眺めて感謝すると言う事、今はしなくなりましたね。
    自然災害の脅威にさらされてる今だからこう言う事も大事だなぁ~
    って思います。
    なので、お月様を拝んでおきました。

    いいね

    • hamaさん、こんばんは♪
      友人から知らせが入りました。
      キュウリが馬。ナスが牛のお供え物は、主にお盆の作法だそうです。
      ご先祖さまが家にやってくる際は、少しでも早く来て欲しいので足の速いキュウリの馬に乗り、
      お盆が終わってあの世に帰る時には、なるべくゆっくり帰って欲しいので、足が遅いナスの牛に乗って・・・と
      ご先祖さまの優しい気持ちがこめられた昔ながらの作法をお月見にも遊び心でお供えしているのでは、とのことです。
      この時代だからこそ、こうした心暖まるほのぼのとした作法があったことを心に留めておきたいものです。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中