霧から霞へと

 

ボーーー!! 船の汽笛が鳴った。

目覚めて濡れ縁に立つと深い霧がかかっていた。

10m先が霞んでいる。畦道に行き交う人は居ない。

深呼吸をして、霧から霞へと彷徨って歩いた。

一面に春が広がっている。

 

歩いても歩いても体は温かくならなかった。我が家が見えてきた頃、前髪がしっとり濡れていることに気づいた。

プランターいっぱいに咲き誇る桜草が見えた。一月の大寒の真っ只中、数枚の葉の時に母からもらったものだ。

花びらと花びらが重なり合って咲いている。その花の陰に沢山の蕾がある。

可愛いくて綺麗なピンクの桜草を愛でている瞬間も刻は流れている。

私は言葉に出来ないくらいこの刻が好きだ。

玄関先に筍が置いてあった。段ボールの中に太くて大きいものから小っちゃいものまでゴロンゴロンと入っている。

父が持ってきてくれたんだー。この交通事情の中、どうもありがとう。

 

 

霧

さくら草

さくら草

さくら草

霧から霞へと」への4件のフィードバック

  1. ご両親からの贈り物・・・良いですね

    今日は春霞と言うよりは・・・・黄砂ですね
     すみません 夢のない話で!
    何時も Likeのクリック ありがとう

    いいね

    • とんびさん♪
      昨日は、深い霧でした。一瞬、煙か?と見紛いましたよ。(笑
      今日の日中は、確かに黄砂でしたね。黄砂に沈む桜草は…絵になりませんねぇ。(笑

      いいね

  2. こんばんわ(^^♪
    桜草越しの霧景色風情がありますね。春の暖かさが伝わって
    きますよ。
    筍美味しいでしょうね。先頃長崎のオバさんが大量に送って
    くれたので色々な料理で食べましたよ。
    春の三河地方も満喫してきました(^ー^)ノ

    いいね

    • hamaさん♪
      筍をくれると言うので実家へ行ってきました。
      甘える猫を囲んで父と母と私は、口を大きく開けながら現在治療中の歯を見せ合いっこしました。
      この後景、笑える。笑える。。。
      ところが、ちょうど一本おさまるはずの隙間がオハグロのように見えた瞬間は、悲しくなりました。
      父も母も歳なんだなーーー。
      お世話になっている隣近所に筍をお裾分けしながら帰りました。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中