夜風を受けて

今年の中秋の名月は台風の影響で無理かも、と思っていた。

ところが、夜半頃に薄雲を通して明々と笑ってらっしゃる姿を何とか見ることができた。

ここに団子があれば、光に満ちて清らかに座っているかぐや姫だわ。笑)

かぐや姫と帝が文を交わし三年の月日が経った頃、

満月が近づくにつれ、かぐや姫は月を見て物思いに耽るようになった。

この下りあたりを妙に思い出した。

.

満月は薄雲を通して笑っていた。

ひんやりと冷気が頬をかすめる。

夜風を受けて稲は揺れ動いていた。

星

緊張、孤独、感激

早朝の雨の冷たさとは打って変わって、日中は、気持ちの良い小春日和だった。
落札決定!!!
「やったー!」と、事務所内に歓喜の声が響く。
社長と目を合わせて握手を交わした。

.

今日は県の開札があり、ギリギリの綺麗な数字でトップになっていた。
落札者の決定が保留となっている間の私の心境は、複雑すぎて表現のしようがない。
開札後の追加資料を無事提出した。
ほっ。o〇

ベル ベル ベル

あー、達成感♪

新しいことを学ぶことは楽しいこと。
今まで知らなかったことが分るということは嬉しいこと。
社長から「ありがとう」と言われると、モチベーションも上がる。
なんとも地味な喜びね。

ドキドキ

正念場

市、国、県と数日のタイム・ラグで、参加申請の準備をしてきた。
入札公告を声に出して読みすすめ入札参加資格があるかどうか見極める。
隣の席の小売業の事務員さんが「まるで読誦してるみたい。」と言って笑う。
つぶやくと言うよりお経を読むように・・・らしい。
私は深刻なんだけどな。

専門用語が並ぶ中、解らないことが段々解ってくる喜びは最高!
過去の施工実績の中から同工事の種類とその従事経験者をしぼり出し、今回の配置予定技術者を概ね決めてから会長へ報告し指示を待つ。
提出資料は毎回微妙に異なるので不備が無いか何度もチェックし参加申請書を作り上げていく。
技術者からの設計書が揃い次第、一室で一人っきりで電子入札をする。
緊張、孤独、感激、感動、落胆を何度も繰り返してきた。

バラ     しおれたバラ     バラ

速く・のどかに

入札に専念出来ると、とっても大助かりなのだけど、
専用ソフトの入力作業中、社員から求められる資料や見積書をWord、Excelで作成し、
OA入力をしながら、電話にも素早くでるといった作業を並列でこなし、
小売業の小口現金の管理も行い、入出金明細に基づき伝票を記入し帳簿へ転記する。
ご来客あれば受付で対応し、必要な部屋へご案内をし靴を並べお茶をだす。
キングファイル、コピー用紙、トナー、名刺、一行印といった備品の発注も手配し、
空き時間に社内の業務が円滑に進むようにと気付いた書類を作成し、
社内の郵便物を簡易書留や速達で郵送したり、公的諸証明や書類を取りに行くなど、ちょっとした外出もある。
日々、ミスなく、速く、のどかに。

パソコン