生きた証

 

週に3回職場に出入りしているクリーニング屋のおっちゃんは、毎度、調子の良いコトを言って一息ついて帰る。

私たち事務員は、掃除に専念している姿を見せつけながら朝の挨拶を交わしている。

いつもと勝手が違う引継ぎの様子を見て私の退職を察した彼が、いつも以上に調子付いて

「退職するん?清潔さと愛らしさにぞっこん惚れこんどったのに残念じゃ~。急だね。お疲れ様。」

と、言った。

『清潔さを一番追究している方にお褒めをいただいて光栄です。』

と、はじめてまともに会話を交わした。

社交辞令であることは、重々承知だけど、嬉しかった。

彼はいつか私を忘れてしまうでしょう。だけど、私は、退職間際の彼の言葉掛けを忘れることはないでしょう。

泣く顔、喜ぶ顔、困った顔、頑張った顔は、私がここに全力で生きた証。

彼が見た私の顔は、断片的なものかもしれないけれど、私を見ていてくれたんだと思うととっても嬉しかった。

 

丁寧さと正確さと速さで資力を尽くした。誠心誠意の仕事ぶりが生きた証。(愛らしさなんてちっとも考えてなかった.笑)

誰もそのところを評価してくれない。

それでいい。

私の存在が、私の判断が、私の声が役に立つことがここでの喜びだった。

『邁進しました。四十代後半の良い思い出ができました。お世話になりました。』

と、会長と奥様にご挨拶をして、本日職場を去った。

 

誰もが一冊の本になるような人生を送るものらしい。

その人生を振り返ると、主役じゃなくって、かすみそうのように主花を盛り立てる役の花もある。それは必要な存在だと思う。(枯れ木でない方が良いように思うけれど・・・.笑 )

私にも感動する場面が一つや二つはある。

瑞々しさを通り越したほおづきにも、生きた証があるんだよ。

ここに そっと  書き記しておこう。

音符

生きた証」への4件のフィードバック

    • hamaさん、ネット網だからこそ言ってはならないことがあります。
      悔しいからこれ以上触れたくも無い、言いたくない事もあります。
      他者にどう評価されるかというより、自分の心が弾んでいるか!を大切に生きたいと思います。
      hamaさん、いつも私の日記に目を通してくれてありがとうございます。

      いいね

  1. 退職されるのでしょうか
    事由はわかりませんが・・・お疲れ様でした

    生きた証・・・何処かの誰かが・・・ちゃんと見届けていますよ
    あなたが ホオズキにも 生きた証を見出してるように・・・!!!

    いいね

    • とんびさん、いつもありがとうございます。
      若奥様だった方から仕事を引き継ぎました。
      若奥様の愛で、成り立っていた職場なのだと すぐ感じました。
      私はその思いを継いで、資力を尽くして頑張ってきました。
      ある日、ポキッと心が折れました。気力が萎えました。
      純粋な思いが伝わる職場ではありませんでした。
      県の工事の落札は、最後の仕事となりました。
      高評価で良い仕事を成し遂げてくれるでしょうか?楽しみ~~~♪
      苦しみ~~~って技術者の声が聞こえそうです。ふふふ

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中