対策を練ろう!

「ごめんなさい。卒業が出来ない。エンジンが掛かるのが遅かった…」
と、昨夜、末娘から泣きながら知らせがあった。
これまでに負の傾向があったはず何がダメだったんだろう…深く反省することで輝く未来があるから。って、彼女の搾り出す話しを電話で聞いた。
これから対策を練ろう!

朝からフラフラとしている。胸と腕と足も重い。かなり食欲と意欲に欠けているって感じる。
昼休み、次女に『元気ぃ?』とLINEを入れてみた。
「はい!」と返事がきて安心した。
私の症状は夕方になっても治まらない。
いよいよ更年期がきたのかなぁ。老いて行くってこんな風になるのかなぁ。
あぁ……このまま力なく溶けてしまって…呼吸困難になって…今生の別れなのかなぁ。と思ったりしていた。
職場を出て駐車場までの下り坂、感覚の無い自分の足が一歩一歩と前に出るのを確認しながら歩いた。
食器を持っている感覚が無いのでその手を確認しながら晩御飯を片付けた。
このことを家族に話すと、心配すると思うので黙っていた。
表向きは家事と仕事をジャンジャンバリバリ頑張っているように見えてると思う。
やるぅ、出来るじゃない。と、自分を褒めてみる…
どうやら視力は正常だ。
鏡に写る自分を見た。健全な私が立っている。

つらつら考えてもラチが明かないので、夜には、以前からお誘いのあった“ゴールドジム”へ行って来た。
若いインストラクターがメニューを組んでくれて、5分ほどのバイクで体を温め、十数種類のストレッチをし、6種類の筋トレをして、マシンで40分歩いて、バニラ味のプロテインを飲んできた。
そのくだり辺りから、フラツキが治ってきた。若いインストラクターが効いたのか? 良い汗が効いたのか? プロテインが効いたのか?
明日も来ようと思ったら、毎月20日は休日と言う。

明るく、元気に、根気良く。
喜びが、しばらくお預けになっただけ。

カメ     かたつむり     投げキス