健康でいること

地縁(ちえ)の和クラブの発表会に行ってきた。会場は、市立図書館だった。
70歳代後半の父と母はこの半年間、毎週公民館へ通って市が実施する介護予防の教室に参加してきた。今日はその総まとめの日だった。
市内5会場(公民館)で行われてきた各グループの活動内容をスライドで発表した後、参加グループごとによる“替え歌”発表会もあった。
さすが『頭いきいき元気会』と称するだけあって、明るくて、元気で、声が大きくて・・・開場から閉会までの3時間余り、参加者の力有り余る生命力を感じた。高齢者の底力を見たような気がした。
これまで父と母は孫の発表会(学校行事、習い事のピアノなど)を目を細めて楽しんでくれたので、そのお返しにと・・・私は軽い気持ちで見学したが、ところがドッコイ!素敵な時間だった。
父と母の仲良くて元気な姿は、ほほ笑ましくてとっても嬉しかった。
“ あ・い・う・べ~ ”のお口体操や口腔ケア、日常生活において心身の機能を高める運動や健康介護相談もあり、介護予防全般を楽しく興味深く学ぶ大切な事業であると感じた。
スタッフの方が参加者に「知っただけじゃなく「やるんよ!」」と強く励ましていた。
母も、帰る道々、学んだことを継続することの大切さを私に話してくれた。
その調子!健康で長生きしてね。

LOVE

健康でいること」への2件のフィードバック

    • とんびさんのBlog、大洲情報人気ランキング1位になってましたよ…☆”
      継続するって大変なことですよ。日々歩いて撮って、確実に実っていますよ。小鳥や雲海の素敵な記録が多くの方に認められているってことです。
      凄いなー!!
      今回の発表会で感じたことは、市内5クラブの何処の会も女性が多いってことです。男性は照れ屋で公の場は苦手なのでしょうか?家に閉じこもらないで、外へ心を向ける姿勢は、女性の得意とする処かな~。と。
      父は、世の後期高齢者の男性は一体、何をしてるのだろうか? 若い時に働きすぎて弱っているのか? 生命力も女性の方が5,6年も長い。身体の構造に違いがあるのだろうか?などと心配していました。が、とんびさんのように万歩計と繊細な写真を残す生き方もあるんですよね。私も自分に合った健康法を見つけて、快活な生活をと思います。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中