趣味就活、特技退職の私


結婚して30年近く、子育て、家事、家業、仕事、いずれも手を抜かず精神状態を何度も立て直し頑張っています。
仕事をしていない今は、腑抜けです。
「仕事に就かず趣味を極めたら」と、夫は言ってくれますが、その趣味も何をしたら良いのやら?
自分が何をしたいのかもわかりません。
一度立ち止まってしまうと、仕事を得ることが怖いとさえ思っている自分がいます。

自分は、人を傷つけることに臆病ですが、仕事となると度胸が座っています。長年事務職に携わっていますが、大胆な割にすっきりするほど流れの良い仕事っぷりや 綺麗な出来映えとか 見晴らしの良い人間関係に拘っています。
何度転職をしても、その処を頑張り通す自分に、ほとほと愛想が尽きるのですが、そう言う生き方しかできないのです。

明るく元気に根気よく ただ闇雲に頑張っていると、社内間が回っていないと感じてきます。そして、清く正しく美しく尚一層励むのです。
祈りでもなく、依頼心でもなく、その姿を公で実行することで自分の人生を良くしようとしています。
それが、自分の生き甲斐なのかも知れません。

ところが、良くなるどころか苦しむことになります。この苦しみを乗り越えたら仕事(人間関係を含む時もある)が順調になると思って頑張り続けてしまいます。

頑張ることで幸せになれる訳では有りませんが、何故こんなに頑張るのかと自分に問いかけてみると、自分自身の生活を豊かにする為だけでなく、幸せになる為に頑張っている自分に気付くのです。

何をしたら幸せになれるか冷静に考えてみると、心から幸せな思いを起こし続けてゆくことが幸せになる為に大切な事であり、余興を楽しむ如く仕事と向き合うことが大事だったと反省するのです。

すると、自分は間違った方向に進んでいると感じるのです。ここは自分の居場所では無かったのだとも思うのです。

これでは、幸せな思いを起こし続けることができないと思ったから転職をし、自分の決断で退職をしたのだと…そのように自分の意識を変えてみると、退職という結果になったことを苦しまなくて済みます。

自分にとって幸せだと感じられる職は必ずあると思うのです。
それを見つけるまで粘り強く探し続けることが大事なことなんだと思います。

心から幸せな思いを起こし続けてゆくことが幸せになる為に大切な事!

.

フラッシュバック


自分の意志に反して、ある記憶が 突然 鮮明に思い出され、手元が進まなくなる経験を幾度かしたことがある。
これをフラッシュバックと言うのか!と、認識出来たのは1年後で、

無情 ←2015年1月のBlogにその断片が見える。


今、ようやく冷静に振り返ることができるようになった。
彼はいったい、どんな苦しみを抱えていたのだろうか?

.

2014年1月、某地方銀行に派遣で勤め始めた。

入行して間もない夕刻のことだ。
私は、雑巾を排水口に流してしまった。
クズ受け皿と内部のキャップが排水口に何故かセットされていなかったのだ。原因は、その状態を確認していなかった為だった。

上司の反応は私の想像を超えていた。
「どうしてそのような失態をした!」と、緊迫感のある声で直属の上司から質問を受けた。理由を訊ねて下さったので、背筋が凍りそうになりながらもきちんと事の次第を述べようとすると「言い訳をするな!」と、お叱りを受けた。

それでもナオ「どうしてだ!」と、大声で訊ねるので、自分が考察する原因と改善点を伝えようとするが上司は聞く耳を持たなかった。

万事は確認が大切という教育か?謝罪の訓練か?考えることの指導か?とも思ったが、そうではなく、何らかの仕打ちのような雰囲気だった。上司の意図は、理解不能だった。

顔面が蒼白になり、みぞおちあたりが張って息苦しかった。1時間余りフロントガラスに背を向けてロビーで起立をしていた。

自分の確認不足です。申し訳ありませんでした。以後気をつけます。
と、何度か謝罪をしたが、「違う!ちがぅチガゥ!」と、連呼し鋭い眼光を向ける。上司の責める目から逃れても、私の緊張が解けるには随分時間を要した。

善意の指導であると信じたいが、口調も顔面も終始恐かった。

恥ずかしい話…前半の問答の時か?善意とは違う!と気づいた時か?どのタイミングだったか定かではないが、上司の叱責とともにプチッと漏らしてしまった。汗だと思いたいが、肌着は微かな臭いとともにシットリ濡れていた。

.

夜の空を仰いで散歩をしています。肉眼ではほぼ真ん丸の中秋の名月に見守られながら…。
久しぶりにパーマを当て素敵にセットをしてもらったので、そのまんまお風呂 → 寝床は もったいない気がしてね。夫にお出掛けを提案したけど、既に八千代に呑みに出る約束があるとのこと。
まっ、いっか。素晴らしい月だな~✨

月

テゴ

夫のテゴに来ている。

久しく手伝っていないので、部材を持つ手が、脚立に股がる足が、こわばっている。

「高いとこ平気な妻で良かったね。」と言うと、

『のせたら何処までも上るけんのう。』だと。

まるでアホやんか。

そりゃ~、ワタシうぬぼれで生きているようなもんだからね。

テゴ

真っ直ぐ

煙突山を目指して走る通勤路。
この真っ直ぐの道を画像に残して置きたくて走ってみたけれど、涙が止まらない。
昨日の最終就業日、戴いた花束を抱え涙を堪えれたのに・・・。あんなに悲しい花束は初めてだった。

・・・・・・契約満了の為 泣く泣く退散。 ・・・・・・・

煙突山を目指して