『母と暮らせば』

昨夜『母と暮らせば』を観てきた。重い映画だった。山田洋次監督ならではの気の効く会話に泣かされた。温かい人間らしさが魅力的だった。時代背景と残酷なエピソードの中にも健気に陽気に生きる姿がありチラホラ楽しかった。私の父と母を思った。独りにさせちゃいけないって感じた。自分は独り暮らしになったとしても沢山の思い出で幸せに過ごせるけど・・・
「未来永劫」って言葉を発する吉永小百合さん演じるお母さん。いっけん硬い言葉が、適切な言葉に感じられ その言葉の重さと大切さを考えた。
いつになく無口な友人を助手席に乗せ 対向車の無い夜道を走って帰った。

🌹

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中