映画『信長協奏曲』

息子が誘ってくれたので一緒に映画『信長協奏曲』を観てきました。とっても面白かったです。
現代人のサブロー(小栗旬)と帰蝶(柴咲コウ)の恋愛がテーマだったのかしら?この2人のやり取りがもどかしいやら切ないやらでした。
歴史オンチの信長(サブロー)が友情の乱世を生きる様が面白くてハラハラドキドキ!
奇想天外な「本能寺の変」!ところが、実際もこのような真相だったかもしれないわぁ〜。などと、思ったり…。
信長(サブロー)と光秀が月を眺めて交わす言葉が印象的です。
光秀が「お前は、皆を照らす太陽の様だ。私は、まるで月の様だ。」と
すると信長(サブロー)は「地球は、太陽だけじゃ駄目なんだって、月もなくちゃ地球は上手く回れないらしいよ。だから太陽も月もなくちゃいけない。」と言うんですよ。
この会話がキーポイントでした。

時間

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中